読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

まさかの逆転負けディミトロフ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第12シードのは第8シードのに6-4,

4-6, 6-7 (9-11)の逆転で敗れ、惜しくもベスト8進出とはならなかった。この日、第1セットを先取したディミトロフは、第2セットも好調な滑り出しを見せてゲームカウント3−1とリードする。しかし、第4・第7ゲームでブレークを許すと、セットカウント1−1に追いつかれてしまう。ファイナルセットもゲームカウント4−1とリードし、タイブレークでは5本のマッチポイントを握ったディミトロフだったが、2時間34分で惜敗した。今年、ディミトロフは2大会で優勝、さらに全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ではベスト4へ進出したが、今大会までは3大会連続で初戦敗退を喫していた。一方、大会初のベスト8進出を果たしたティエムは、準々決勝で世界ランク59位のと対戦する。チョリッチは3回戦で第1シードのをストレートで破っての勝ち上がり。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114394.html