テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

全豪、ナダルが決勝進出 3年ぶり、第12日

 テニスの全豪オープン第12日は28日、メルボルンで行われ、男子シングルス準決勝で四大大会単独最多21勝目を目指す第6シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードのマテオ・ベレッティーニ(イタリア)を6―3、6―2、3―6、6―3で下し、3年ぶりに決勝へ進出した。  第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)は第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦。  混合ダブルスは第5シードのクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)イワン・ドディグ(クロアチア)組が初優勝した。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012801001088.html

ジョコビッチが2月の大会出場

 男子テニスのツアー大会、ドバイ選手権(2月21~26日)の公式サイトは27日、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチセルビア)が出場すると発表した。大会の冠スポンサー代表は「ノバクの12度目の出場をうれしく思う。6度目の優勝へ幸運を祈る」とコメントした。  新型コロナウイルスのワクチン未接種だったジョコビッチは、3連覇中だった全豪オープン出場のため1月上旬にオーストラリア入りしたものの、ワクチン免除を巡る法廷闘争の末に査証(ビザ)が取り消されて国外退去処分となり、大会を欠場した。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012701001402.html

青山、柴原組が準決勝敗退 国枝は優勝、全豪テニス

 テニスの全豪オープン第11日は27日、メルボルンで行われ、女子ダブルス準決勝で第2シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がアンナ・ダニリナ(カザフスタン)ベアトリス・アダドマイア(ブラジル)組に4―6、7―5、4―6で敗れ、四大大会初優勝はならなかった。  車いすの部の男子シングルス決勝では国枝慎吾ユニクロ)がアルフィー・ヒューエット(英国)に7―5、3―6、6―2で勝ち、2年ぶり11度目の制覇を果たした。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012701000638.html

メドベージェフら準決勝へ

 テニスの全豪オープン第10日は26日、メルボルンで行われ、男子シングルス準々決勝で第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が第9シードのフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)に6―7、3―6、7―6、7―5、6―4で逆転勝ちし、準決勝に進んだ。  第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)も4強入り。準決勝ではメドベージェフと戦う。  女子ダブルスで四大大会初優勝を目指す第2シードの青山修子、柴原瑛菜組は27日午前11時(日本時間午前9時)開始予定の準決勝で、アンナ・ダニリナ(カザフスタン)ベアトリス・アダドマイア(ブラジル)組と対戦する。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012601001362.html

虫賀愛央・心央組、準々決勝敗退

 テニスの全豪オープン・ジュニアは26日、メルボルンで行われ、女子ダブルス準々決勝で双子の虫賀愛央、心央組(名古屋LTC)はオーストラリアペアに4―6、0―6で敗れた。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012601000894.html

上地組が準優勝、全豪テニス 車いす女子ダブルス

 テニスの全豪オープン車いすの部は26日、メルボルンで行われ、女子ダブルス決勝で第2シードの上地結衣(三井住友銀行)ルーシー・シュカー(英国)組が第1シードのディーデ・デフロート、アニク・ファンクート組(オランダ)と対戦し、5―7、6―3で迎えたマッチタイブレークを2―10で落とし、準優勝だった。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012601000527.html

全豪、青山・柴原組が準決勝へ 四大大会で初V目指す

 テニスの全豪オープン第9日は25日、メルボルンで行われ、女子ダブルス準々決勝で四大大会初優勝を目指す第2シードの青山修子・柴原瑛菜組がペトラ・マルティッチ(クロアチア)シェルビー・ロジャーズ(米)組に6―1、6―4でストレート勝ちし、準決勝に進出した。  混合ダブルス準々決勝では、柴原・マクラクラン勉組が張帥(中国)ジョン・ピアース(豪)組に4―6、4―6で敗れた。二宮真琴・アイサム・クレシ(パキスタン)組も敗退した。  シングルスは男子で四大大会21勝目を目指すラファエル・ナダル(スペイン)、女子で第1シードのアシュリー・バーティ(豪)が4強入りした。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022012501000371.html