テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

ジュニアテニスの指導者が「ドケチ生活」を貫いたわけ

 30年着続けた白ジャージーは、くたくただった。バッグも40年使い倒した。質素な生活ぶりもあって、周囲には「ドケチ」と思われていた。  1949年、千葉県佐倉市生まれ。地元の市立志津中、県立佐倉高校を経て、千葉工業大に進学した。大学で硬式テニスと出会い、習志野市のテニスコートに通った。  学費を稼ぐための新聞配達では、体力をつけようと自転車は使わず、走って一軒ずつ回った。大学時代、テニスで目立った成績は残せなかったらしいが、感覚よりも理論にこだわったテニスへの姿勢と熱意は周囲に知られた。  76年、加藤さんが20代後半だったころ。ジュニアコースができたばかりの佐倉市の志津テニスクラブの前原克彦さん(74)が加藤さんをコーチに誘ったのも、そんな姿勢からだった。  夕方の練習は毎日、午前6時半からの朝練習は週2、3回、長年ボランティアで指導した。ウィンブルドン8強の松岡修造さんを輩出した東京のクラブにも通い、指導法を学んだ。  前原さんは「(ラリーを)100本打って、101本目でとれればいいというスタイルだった」と振り返る。子どもたちには、堅実さと粘り強さを求めた。  指導法はスパルタの正反対。87年から同クラブのコーチを務める木本知さん(61)=佐倉市=は「声を荒らげたことはなく、いつも諭すように語りかけていた」と話す。  県テニス協会理事長の佐藤篤也さん(62)=我孫子市=は、「理路整然と話すから、聞いている方はぐうの音も出ない」。試合会場で、他クラブの選手に惜しみなく助言もしていた。  志津テニスクラブで指導を始めて数年後には、教え子が全日本ジュニアで準優勝。これまでに同クラブからは6人のプロ選手を輩出した。2001年に県テニス協会のジュニア委員長に就任すると、教え子はさらに県内全域に広がった。関わった選手は約500人。教え子たちの近況は、くまなく把握していた。  昨年の年代別世界大会を制した中村健太さん(18)=習志野市=もその一人だ。小学2年で同クラブに加入。中学3年時には加藤さんから週3、4回、約2時間の個人レッスンを受けた。  「健太との練習は楽しい。お金とか時間とか関係なく、できる限り続けたい」。そう声をかけてくれたことが忘れられない。加藤さんは球出し役で、フォームの確認をした。「うまくいかないときに帰ってくる場所だった」と中村さんは言う。  加藤さんの本業は、市川市役所の職員だった。大気汚染など環境問題に明るく、10年に環境清掃部理事として退職した。私生活では投資で一財産を築いた一方、昼を庁内の食堂で済ませるなど、質素な生活は不思議がられることもあった。  昨年12月、ステージ4の膵臓(すいぞう)がんと診断された。生涯独身で、財産整理を始めた時、テニス仲間に「もう長くない。自分の遺産を育成に使ってほしい」と打ち明けた。  今年3月22日、入院先の病院から木本さんに電話をかけた。「基金を立ち上げて、ジュニアに使ってください」。それが、友人たちに残した最後の言葉だった。4日後、息を引き取った。  遺産は県テニス協会の「加藤ファンド」として運用されることが決まった。全国で活躍する県のジュニア選手に1人数十万円の支援をする。ジュニアのトップ選手は海外遠征も多い。少しでも、その負担を減らしたいという加藤さんの遺志だ。  木本さんは言う。「節約はこのための作業だったんだと。育成に捧げた人生だった」(鳥尾祐太)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/ASQDN7J9RQDFUDCB012.html

どんな局面も相手信じて 全国レディーステニス決勝大会、10日開幕

 ソニー生命カップ第44回全国レディーステニス決勝大会(日本テニス協会朝日新聞社主催)が10~12日、昭和の森テニスセンター(東京都昭島市)で開かれる。  今大会の開催にあたり、長年、日本の女子テニス界を引っ張った元プロ選手の沢松奈生子さん、各都道府県大会を支えたソニー生命ライフプランナーからメッセージを寄せてもらった。

沢松奈生子さん「互いを信じて」

 ソニー生命カップ全国レディーステニス決勝大会に出場される選手のみなさま、おめでとうございます。ダブルスはどんな局面でもパートナーを信じ、苦しい時も声を掛け合って「1+1」を「2」ではなく「3」や「4」にできるチームこそが本当に強いチームだと思っています。  コロナ禍で人と人との関係が希薄になっている現在、ダブルスの大切さ、相手がいないと競技が成立しないテニスの素晴らしさを感じて、その思いを一球一球のボールに込めてください。みなさまのご健闘を心よりお祈りしています。

ソニー生命熊本支社の小柳裕子さん

 長引く新型コロナウイルス感染症の厳しい環境の中、見事に各都道府県大会を勝ち抜き、代表として全国大会に出場される選手のみなさま、本当におめでとうございます。  日頃、仕事や家事に育児、そして介護などをされながらも、ペアで力を合わせてきらきらと試合に臨まれている姿には、毎回、同じ女性としてたくさんの元気と勇気をいただいています。  全国決勝大会でもこれまでの思いや努力が発揮されることをお祈りしています。けがに気をつけて、思いっきり楽しんでください!!

ソニー生命柏支社の青松慶侑さん 

 日々の生活と練習との両立の中で全国決勝大会まで勝ち上がられたみなさま、誠におめでとうございます。  テニスというスポーツを通して勝負にこだわり、相手をたたえ合うみなさまの姿がこれからの日本の活力になることでしょう。注目度の高い最高峰の舞台です。これまでの成果を存分に発揮していただくことを期待しています。  都道府県大会で惜しくも敗退された方々の分もエネルギーに変え、日本一、熱い熱い大会となりますよう祈念しております。

試合方法・出場資格

 女子ダブルスの団体トーナメント方式で行われる。都道府県から選ばれた各代表3組による戦い。  25歳以上で、居住する都道府県から出場する。全日本選手権(予選も含む)、全日本学生選手権(本戦出場者、ただし50歳以上の人は可)などの出場経験者は参加できない。本大会で過去に4強以上に入った選手も参加できない。3回出場した選手は3年間出場できないが、その後の出場は1回目の出場とみなされ、過去の出場回数は加算されない。

日程

第1日(10日)  9時~  開会式、1、2回戦 第2日(11日)  9時~  3回戦、準々決勝 第3日(12日)  9時~  準決勝、決勝、3位決定戦  14時~(予定)  表彰式・閉会式

会場

昭和の森テニスセンター  大会結果を速報 大会ホームページ(https://www.zenkokuladies.jp/別ウインドウで開きます)、フェイスブックhttps://www.facebook.com/zenkokuladiestennis/別ウインドウで開きます)をご覧ください。ユーチューブ(https://www.youtube.com/channel/UCrnynNuuAhxW1zJR6HyNX_w別ウインドウで開きます)での配信もします。

<引用元>http://www.asahi.com/articles/ASQC753SZQBQUTQP008.html

大坂なおみ、会社立ち上げへ IMG離れマネジメント

 女子テニスの大坂なおみ(フリー)が大手スポーツマネジメント会社IMGを離れ、自身のマネジメント会社を立ち上げると11日、複数の米メディアが報じた。長年の代理人とともに行動するという。  女子シングルスで四大大会通算4度優勝を誇る24歳の大坂は最新の世界ランキングは38位。現在開催中のイタリア国際(ローマ)は左アキレス腱痛の影響で欠場した。22日開幕の全仏オープン(パリ)は出場を予定している。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022051201000472.html

イタリア国際、青山組は2回戦へ

 テニスのイタリア国際は9日、ローマで行われ、女子ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)セン皓晴(台湾)組はシェルビー・ロジャーズ(米国)ナディア・キチェノク(ウクライナ)組に競り勝った。7―6、0―6からのマッチタイブレークを10ー5で制し、2回戦へ進んだ。  男子ダブルス1回戦ではマクラクラン勉イカイ)レーベン・クラーセン(南アフリカ)組がベルギーのペアに6―4、7―6で勝ち、2回戦に進出した。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022050901001043.html

大坂が左アキレス腱痛で欠場

 女子テニスの大坂なおみ(フリー)は9日、左アキレス腱痛のため、開催中のイタリア国際を欠場すると発表した。シングルス1回戦でサラ・ソリベストルモ(スペイン)と対戦する予定だった。  イタリア国際は22日に開幕する全仏オープンの前哨戦にあたる。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022050901001121.html

女子テニス、青山組は2回戦へ イタリア国際

 テニスのイタリア国際は9日、ローマで行われ、女子ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)セン皓晴(台湾)組はシェルビー・ロジャーズ(米国)ナディア・キチェノク(ウクライナ)組に競り勝った。7―6、0―6からのマッチタイブレークを10ー5で制し、2回戦へ進んだ。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022050901001043.html

大坂なおみは38位に後退 女子テニス世界ランク

 女子テニスの9日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(フリー)は36位から38位に後退した。土居美咲ミキハウス)は97位。  1位イガ・シフィオンテク(ポーランド)は変わらず、2位にバルボラ・クレイチコバ(チェコ)が浮上し、パウラ・バドサ(スペイン)は3位に下がった。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2022050901000616.html