読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

テニス三橋選手が永久資格停止 八百長や賭け行為で処分

 テニスの不正監視団体、TIUは16日、男子の三橋淳(みつはし・じゅん)・元選手(27)に対し、八百長行為を働くなど不正防止規定違反があったとして、永久資格停止と罰金5万ドル(約565万円)の処分を科したと発表した。日本の関係者へのTIUの処分について、日本協会は「初めてではないか」と話している。

 三橋元選手のシングルス世界ランキングは2009年に記録した295位が最高。

 TIUによると、15年の11月に南アフリカで行われた下部ツアー大会で、かつて自身がコーチを務めた選手を通じ、シングルスは2千ドル、ダブルスは600ドルで敗退行為をするよう他の選手に働き掛けた。12月のナイジェリアでの下部ツアー大会では直接、選手に八百長を持ち掛けた。禁止されているテニスの試合に対する賭けを、76件行っていたことも分かった。

 日本協会の高橋甫(たかはし・はじめ)IR室長は「こんなことは絶対に起きてはいけない。(対策で)これまでやってきたことを着実にやるしかない」と述べた。

 日本協会の資料などによると、三橋元選手は神奈川県出身。04年に中学日本一となり、05年にはジュニアの国別対抗戦で錦織圭(にしこり・けい)選手(日清食品)とダブルスを組んだこともある。07年11月にプロ転向後は下部ツアーを転戦していた。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/ASK5J6JHGK5JLEJQ012.html