読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

46歳の伊達公子 復帰戦は黒星

女子テニスのカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)は3日、シングルス1回戦が行われ、46歳のは第3シードのに2-6,

2-6のストレートで敗れ、左膝の手術から約1年4カ月ぶりの復帰戦は黒星となった。今大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場の伊達は、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークする好スタートを切ったが、その後に3ゲームを連取されて勢いを与えてしまう。第2セットは第2ゲームでブレークを許すと挽回することが出来ず、ストレートで敗れた。元世界ランク4位の伊達は、2016年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後に左膝半月板の内視鏡手術を受けることを発表。その後はリハビリを経て、今年の4月にエキシビションマッチ「伊予銀行

CHALLENGE MATCH」に出場。ファン約1,000人、マスコミ20社以上が会場へ駆けつけるなど注目を集めた。1996年に引退を表明した伊達は、2008年に現役復帰した際もカンガルーカップに出場し、その時は準優勝を飾った。一方、勝利したリンは、2回戦で19歳のと対戦する。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114279.html