テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

死闘の末にティームV逃す

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第5シードのは第6シードのに7-6 (8-6), 2-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れ、大会初優勝を逃した。ティームは予選ラウンドロビンで第2シードのと第3シードの、さらに準決勝で昨年のATPファイナルズを制した第7シードのを下して決勝へ駒を進めていた。この日はファイナルセットで先にブレークを許すも、ゲームカウント3−3に追いつく。タイブレークでも1-4から4-4と反撃を見せたが、そこから3ポイントを連取されて2時間35分の死闘の末に力尽きた。男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティームのコメントが掲載されており「彼(チチパス)は最高のプレーをした。大会を通しても最高のプレーをしていた。彼はチャンピオンであり、100パーセントそれに値する。技術面も素晴らしい。彼がこうして世界のトップにきているのは最高のことだし、これからの将来においても大きなタイトルへ目指して戦うはず」と称賛した。ティームは今年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)決勝でチチパスに逆転勝ちをおさめていたが、この日の敗戦で対戦成績はティームの4勝3敗と差を縮められた。「僕ら若手が来年のグランドスラムでも成功をおさめると思っている。みんな素晴らしいテニスをしている。サーシャ(ズベレフ)、ステファノス(チチパス)、自分、それに他の選手たちも。新しいグランドスラム・チャンピオンを来年は見られると確信している」今シーズン、ティームはBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)でATPマスターズ1000初優勝を飾ると、その後の4大会でもタイトルを獲得する活躍を見せた。「全米オープン以降、自分のテニスの進化にはうれしく思っている。正直、インディアンウェルズはとても遅いハードコートクレーコートに近いから、自分のテニスに合っている。この大会やウィーン、北京、上海などで、これまでかなり苦しんできたけど、今年は素晴らしいテニスができていた」「ロンドンでも決勝を戦えたのは自分にとって驚きの成績。今日の敗戦はとても大きくつらいものではあるけど、この数カ月で自分のテニスがとても進歩したことも実感できている」またティームは、ジョコビッチに勝利した予選ラウンドロビン第2戦の朝について「痙攣して目が覚めて、最悪のことを考えてしまった。なぜなら、とても気分が悪かった」と明かした。「その夜にノヴァーク・ジョコビッチに対して伝説に残るような試合ができたし、肉体的にもいい状態になった。とても大きなことだった。例え厳しい状況でも、素晴らしいテニスができた。自分にとっては驚きの結果。今後につなげられる」Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。【グループ・アンドレ・アガシ】(1) 2勝1敗(4) 0勝3敗(6)S・チチパス 2勝1敗(7)A・ズベレフ 2勝1敗【グループ・ビヨン・ボルグ】(2)N・ジョコビッチ 1勝2敗(3)R・フェデラー 2勝1敗(5)D・ティーム 2勝1敗(8) 1勝2敗
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201911/125991.html 軟式用テニスラケット SCUD PRO-R(スカッド プロアール) 63JTN95109

錦織 年間最終世界ランク13位

男子テニスの11月18日付ATP世界ランキングが発表され、は前回と変わらず13位となった。年間最終の世界ランキングは13位で今季終了となり、2019年に幕を下ろした。今シーズン、錦織はブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で約3年ぶりにツアー優勝。その後は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でベスト8進出。その後、全米オープンアメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で3回戦敗退を喫すと、右ひじの負傷で今シーズンを終了させていた。また、Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で準優勝を飾ったは前回から1つ上げて4位へ浮上した。11月18日付の男子ATP世界ランキング トップ15は以下の通り。※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント■1位[ - ]…9,985ポイント(9,585ポイント)■2位[ - ]…9,145ポイント(8,945ポイント)■3位[ - ]…6,590ポイント(6,190ポイント)■4位[ ↑1 ]…D・ティーム5,825ポイント(5,025ポイント)■5位[ ↓1 ]…5,705ポイント(5,705ポイント)■6位[ - ]…5,300ポイント(4,000ポイント)■7位[ - ]…3,345ポイント(2,945ポイント)■8位[ - ]…2,870ポイント(2,670ポイント)■9位[ - ]…2,540ポイント(2,540ポイント)■10位[ - ]…2,530ポイント(2,530ポイント)■11位[ - ]…2,335ポイント(2,335ポイント)■12位[ - ]…2,290ポイント(2,290ポイント)■13位[ - ]…錦織圭2,180ポイント(2,180ポイント)■14位[ - ]…2,125ポイント(2,125ポイント)■15位[ - ]…2,050ポイント(2,050ポイント)
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201911/125992.html 硬式用テニスラケット 17ピュアドライブ チーム サイズ2 + 硬式テニスストリング アディクションN125 (カ)

死闘の末にティームV逃す

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第5シードのは第6シードのに7-6 (8-6), 2-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れ、大会初優勝を逃した。ティームは予選ラウンドロビンで第2シードのと第3シードの、さらに準決勝で昨年のATPファイナルズを制した第7シードのを下して決勝へ駒を進めていた。この日はファイナルセットで先にブレークを許すも、ゲームカウント3−3に追いつく。タイブレークでも1-4から4-4と反撃を見せたが、そこから3ポイントを連取されて2時間35分の死闘の末に力尽きた。男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティームのコメントが掲載されており「彼(チチパス)は最高のプレーをした。大会を通しても最高のプレーをしていた。彼はチャンピオンであり、100パーセントそれに値する。技術面も素晴らしい。彼がこうして世界のトップにきているのは最高のことだし、これからの将来においても大きなタイトルへ目指して戦うはず」と称賛した。ティームは今年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)決勝でチチパスに逆転勝ちをおさめていたが、この日の敗戦で対戦成績はティームの4勝3敗と差を縮められた。「僕ら若手が来年のグランドスラムでも成功をおさめると思っている。みんな素晴らしいテニスをしている。サーシャ(ズベレフ)、ステファノス(チチパス)、自分、それに他の選手たちも。新しいグランドスラム・チャンピオンを来年は見られると確信している」今シーズン、ティームはBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)でATPマスターズ1000初優勝を飾ると、その後の4大会でもタイトルを獲得する活躍を見せた。「全米オープン以降、自分のテニスの進化にはうれしく思っている。正直、インディアンウェルズはとても遅いハードコートクレーコートに近いから、自分のテニスに合っている。この大会やウィーン、北京、上海などで、これまでかなり苦しんできたけど、今年は素晴らしいテニスができていた」「ロンドンでも決勝を戦えたのは自分にとって驚きの成績。今日の敗戦はとても大きくつらいものではあるけど、この数カ月で自分のテニスがとても進歩したことも実感できている」またティームは、ジョコビッチに勝利した予選ラウンドロビン第2戦の朝について「痙攣して目が覚めて、最悪のことを考えてしまった。なぜなら、とても気分が悪かった」と明かした。「その夜にノヴァーク・ジョコビッチに対して伝説に残るような試合ができたし、肉体的にもいい状態になった。とても大きなことだった。例え厳しい状況でも、素晴らしいテニスができた。自分にとっては驚きの結果。今後につなげられる」Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。【グループ・アンドレ・アガシ】(1) 2勝1敗(4) 0勝3敗(6)S・チチパス 2勝1敗(7)A・ズベレフ 2勝1敗【グループ・ビヨン・ボルグ】(2)N・ジョコビッチ 1勝2敗(3)R・フェデラー 2勝1敗(5)D・ティーム 2勝1敗(8) 1勝2敗
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201911/125991.html 軟式用テニスラケット エフレーザー5V FLR5V-711

失セット0で最終戦の複V

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、ダブルス決勝が行われ、第7シードの/ 組が第5シードの/ 組を6-3, 6-4のストレートで破り、大会初優勝を果たした。決勝戦、ファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得したエルベール/ マウー組は1度もブレークを許すことなく、1時間10分で勝利した。エルベール/ マウー組は昨年のATPファイナルズで決勝へ進出したが、/ 組に7-5, 1-6, [11-13]の逆転で敗れタイトル獲得を逃していた。試合後のオンコートインタビューでエルベールは「マウー、とても楽しい時間を共有してくれて、一緒に信じられないような決勝を戦ってくれてありがとう」とペアのマウーに感謝を伝えた。今大会でエルベール/ マウー組は予選ラウンドロビンから1セットも落とさずに頂点に立った。
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201911/125985.html 硬式用テニスラケット 17ピュアドライブ サイズ1 + 硬式テニスストリング アディクションN125 (カ)

女子テニス、大坂は3位変わらず

 女子テニスの18日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ日清食品)は3位で動かなかった。1位アシュリー・バーティ(オーストラリア)、2位カロリナ・プリスコバ(チェコ)も変動はなかった。土居美咲ミキハウス)は83位。(共同) <引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2019111801001234.html

チチパス 最終戦初Vで有終の美

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第6シードのが第5シードのを6-7 (6-8), 6-2, 7-6 (7-4)の逆転で下した。大会初優勝を果たして有終の美を飾り、今季3勝目、キャリア通算4勝目をあげた。決勝戦、チチパスはファイナルセットのタイブレークで4-1とリードしたがティームの強打に押されて4-4に追いつかれるも、そこから再び集中力を上げて3ポイントを連取。チャンピオンシップポイントではワイドへのサービスが決まり、2時間35分の死闘を制した。男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチチパスのコメントが掲載されており「初めての大舞台でこんなに緊張してプレーし、とてもイライラした。(ファイナルセットで)先にブレークしたけど、それを維持することができなかった。勝敗の行方はタイブレークに委ねられた。コートで出し切った最高のパフォーマンスと戦いには本当にホッとした」と振り返った。「観客からの応援は驚異的なものだった。コートにいる間、ずっと応援団がサポートしてくれた。彼らから大きなエネルギーをもらい、自信とやる気を与えてくれた。ギリシャの国旗を持って、今日ここへ応援に来てくれたファンの1人1人に感謝したい。地元でプレーしているかのような気分だった」「ずっとローラーコースターのようだった。今こうしてトロフィーを持っているのは驚き。この大会は信じられないものだった。とても感情的。こんな大舞台で、こんなに多くの応援を受けたことはなかった。この1週間の雰囲気は信じられない」チチパスはティームに今年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)決勝で逆転負けを喫していたが雪辱を果たした。準優勝のティームに向けて、チチパスは「あなたから多くの影響を受けてきた。今日僕らがコートで披露した戦いは、まさに素晴らしかった。それはテニスというスポーツを素晴らしいものにしている」と述べた。一方、予選ラウンドロビンで第2シードのジョコビッチと第3シードの、準決勝では昨年覇者で第7シードのを破っていたティームは惜しくも大会初優勝とはならなかった。Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。【グループ・アンドレ・アガシ】(1) 2勝1敗(4) 0勝3敗(6)S・チチパス 2勝1敗(7)A・ズベレフ 2勝1敗【グループ・ビヨン・ボルグ】(2) 1勝2敗(3)R・フェデラー 2勝1敗(5)D・ティーム 2勝1敗(8) 1勝2敗
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201911/125988.html 硬式用テニスラケット 19 ピュアストライク チーム BF101402

チチパス最終戦初V 死闘制す

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第6シードのが第5シードのを6-7 (6-8), 6-2, 7-6 (7-4)の逆転で下して大会初優勝を果たし、有終の美を飾って今シーズンに幕を下ろした。決勝戦、チチパスはタイブレークの末に第1セットを落としたが、第2セットは今年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったティームを圧倒してセットカウント1−1に追いつく。ファイナルセットは両者1度のブレークからタイブレークへ突入。試合を通して強打を貫いたチチパスが2時間35分におよぶ死闘を制した。21歳のチチパスは8月のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)から5大会連続の初戦敗退を喫していたが、今大会の優勝で今季3勝目、キャリア通算4勝目をあげた。また、今シーズンだけで、、のBIG3を倒す活躍を見せた一方のティームは、予選ラウンドロビンで第2シードのジョコビッチと第3シードのR・フェデラー、準決勝では昨年覇者で第7シードのを破ったが、惜しくも大会初優勝とはならなかった。
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201911/125986.html 硬式用テニスラケット 18ドライブ G サイズ2 + 硬式テニスストリング アディクションN125 (カ)