テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

錦織 臀部の痛みで途中棄権

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのは臀部の痛みにより途中棄権した。試合後、大会のフェイスブックに「ゲームカウント2−2の時点で臀部に痛みを感じた。試合を続けることが出来ず、申し訳ない」と錦織のコメントが掲載された。この日、世界ランク38位のと対戦した錦織は、第5ゲームでバックハンドを打った際に左腰付近をおさえた。このゲームが終了すると、トレーナーの治療を受けて第6ゲームに臨んだ。しかし続行することが出来ず棄権を申し入れ、7月3日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に不安を残した。ゲリー・ウェバー・オープンでは2015年にとの準決勝で途中棄権、2016年はとの2回戦前に棄権。また、ウィンブルドンでも2008・2015・2016年にリタイアを余儀なくされた。一方、思わぬ形で8強入りのカチャノフは、準々決勝でと対戦する。ルブレフは2回戦でをフルセットで破っての勝ち上がり。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115091.html

チリッチ 予選勝者を一蹴

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのが予選勝者で19歳のを6-0,

6-4のストレートで下し、2年連続のベスト4進出を果たした。この日、6本のサービスエースを放ったチリッチは、コズロフに1度もブレークポイントを与えず1時間5分で勝利を手にした。準々決勝では、世界ランク55位のと対戦する。ヤングは2回戦で同39位のをストレートで下しての勝ち上がり。27歳のチリッチは、AEGON選手権に今年で11度目の出場。2012年に大会初優勝、2013年は準優勝を飾った。今季は、TEB

BNPパリバイスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッド

クレー、ATP250)で初のタイトルを獲得。芝初戦のリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)ではベスト4進出を果たして今大会に臨んでいる。また、今大会は第1シードの、第2シードの、第3シードのの上位3シードが1回戦、第5シードのが2回戦で姿を消す波乱に見舞われた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115097.html

フェデラー 6年連続8強

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、2年ぶり9度目の優勝を狙う第1シードのが世界ランク29位のを7-6

(7-4), 6-4のストレートで下し、6年連続のベスト8進出を果たした。この日、互いにサービスキープする展開が続いたが、タイブレークでポイントを先行したフェデラーが第1セットを先取。第2セットでもサーブ・アンド・ボレーを仕掛けるズベレフに苦戦したが、第8ゲームでブレークに成功し、リードを守りきって勝利を手にした。準々決勝では、昨年覇者で世界ランク134位のと対戦する。マイヤーは2回戦で第6シードのを逆転で下しての勝ち上がり。世界ランク5位のフェデラーは、ゲリー・ウェバー・オープンで歴代最多の8度の優勝を誇る。2003年から2006年に4連覇、2013年から2015年にかけては3連覇を成し遂げた。今シーズンは、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、

グランドスラム)を皮切りに3大会でタイトルを獲得するなど序盤から絶好調をキープ。しかし、クレーシーズンをスキップして臨んだ芝初戦のメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)では初戦敗退の波乱に見舞われた。今大会の1回戦では、ラッキールーザーのをストレートで下し、ツアー通算1,100勝目をあげて2回戦に駒を進めていた。一方、敗れたズベレフは、4年ぶりのベスト8進出とはならなかった。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115095.html

昨年覇者 シード撃破で8強

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、昨年覇者で世界ランク134位のが第6シードのを6-7

(6-8), 6-4, 6-3の逆転で下し、3年連続のベスト8進出を果たした。この日、第1セットをタイブレークの末に落としたマイヤーだったが、第2セット以降ではプイユに1度もブレークを許さず1時間47分で勝利した。準々決勝では、第1シードのと世界ランク29位のの勝者と対戦する。33歳のマイヤーは、地元のゲリー・ウェバー・オープンに今年で10度目の出場。昨年は決勝でをフルセットで下して大会初優勝を飾った。今シーズンは、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、

ATP1000)とBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッド

クレー、ATP1000)で2回戦に進出。しかし、この2大会以外ではいずれも初戦敗退を喫していた。一方、敗れたプイユは、大会初のベスト8進出とはならなかった。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115094.html

【告知】フェデラーvsズベレフ

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、第1シードのと世界ランク29位ののシングルス2回戦がセンターコートの第4試合に組まれ、日本時間23日の深夜0時30分(現地22日の17時30分)以降に開始予定。両者は今回が4度目の対戦で、フェデラーの3連勝中。直近の対戦は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝で、この時はフェデラーがストレートで勝利した。世界ランク5位のフェデラーは1回戦でラッキールーザーで出場のに、ズベレフは予選勝者のにそれぞれストレートで勝利して2回戦進出を果たした。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115090.html

元世界8位破りツアー初8強

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン (ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、ワイルドカードで出場のが元世界ランク8位のに6-0,

3-6, 6-3のフルセットで勝利し、ツアー初のベスト8進出を果たした。この日、ファーストサービスが入った時に81パーセントの確率でポイントを獲得したルブレフは、わずか1度しかブレークを許さず1時間28分で勝利を手にした。準々決勝では、世界ランク38位のと対戦する。カチャノフは2回戦で対戦した第3シードのが臀部の痛みで途中棄権したため、思わぬ形で準々決勝に駒を進めている。19歳のルブレフは、現在世界ランク106位。今季は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で予選を突破して2回戦に進出。全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では予選決勝で敗れたが、ラッキールーザーで本戦に出場し、1回戦でとフルセットの激闘を演じた。今大会の1回戦では、第8シードのを逆転で破る番狂わせを起こして2回戦進出を果たしていた。一方、2013年大会ファイナリストのユーズニーは、4年ぶりのベスト8進出とはならなかった。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115092.html

【1ポイント速報】ユーズニーvsルブレフ

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン (ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、ワイルドカードで出場のが予選勝者のに6-0,

3-6, 6-3のフルセットで勝利してベスト8進出を果たした。両者は今回が初の対戦。この試合の勝者は、第3シードのと世界ランク38位ののどちらかと顔を合わせる。世界ランク88位のユーズニーは、1回戦で、同106位のルブレフは第8シードのをそれぞれ下して2回戦に駒を進めている。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201706/115087.html