テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

テニス、錦織は14位で変わらず

 男子テニスの25日付世界ランキングが発表され、右手首の故障で休養している錦織圭日清食品)は14位で変わらなかった。杉田祐一三菱電機)は一つ下がり43位、ダニエル太郎エイブル)は三つ上がり116位だった。

 1位ラファエル・ナダル(スペイン)2位ロジャー・フェデラー(スイス)3位アンディ・マリー(英国)の上位に変動はなかった。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2017092501001556.html

松本、岡垣がスペインで調整

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road

To Spain チャレンジカップ2017」関東代表の法政大1年・岡垣光祐と、関西代表の近畿大2年・松本樹が、25日より開幕するツアー下部大会のサバデルオープン(スペイン/サバデル、ITFフューチャーズ2.5万ドル)の本戦1回戦に向けて、23日と24日に現地で調整を行った。共に初めてのフューチャーズ大会への挑戦となる岡垣、松本は22日夜に現地入り。23日と24日は、大会が行われるサバデルから車で約30分の距離に位置し、世界中からトッププロを目指すプレーヤーが集まるBTTテニスアカデミーで午前中に練習を行い、午後は大会会場のプラクティスコートで調整を行った。BTTテニスアカデミーでは、23日はスペイン人コートが指導の下でレッドクレー対策を行い、24日はBTTに所属する2選手と練習試合を実施。<img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20170925_sabadell11-546.jpg"

width="100%"><img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20170925_sabadell12-546.jpg"

width="100%">試合を行った相手は、現在フューチャーズ大会を転戦している21歳のグレゴリオ(アルゼンチン)と、これからツアーに挑戦していく17歳のアイアン(ブラジル)の2人。岡垣、松本は2日間の調整を経て、25日から始まる大会へ向けて以下のように語った。岡垣選手「思ったよりも自分のテニスができ、外国人選手にも通用することがわかった。クレーコートは日本のコートよりもラリーが続き、自分の持ち味が出せると思う」<img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20170925_sabadell14-546.jpg"

width="100%">「外国人選手の集中力が切れるくらい長くラリーをする気持ちで、頑張ります」松本選手「クレーコート慣れしていないから動きづらさを感じて、イレギュラーに対応しきれなかった。クレーコート特有のバウンドの高さでポジションがいつもよりも後ろになってしまう」<img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20170925_sabadell13-546.jpg"

width="100%">「関西学生でATPポイントを、持っている人がいないので、必ずATPポイント獲得をしたい」岡垣は本戦初日の25日に試合が組まれ日本時間18時以降(現地11時)より初戦に臨み、松本は26日に予選勝者と対戦する予定となっており、両選手の1ポイント速報をtennis365.netで配信する。【9月25日18時以降】【9月26日

開始日時未定】岡垣、松本の今年の主な戦績は以下の通り。■岡垣選手・今年の主な戦績関東学生テニス選手権大会

春季2回戦、夏季ベスト4全日本学生テニス選手権大会(インカレ)2回戦■松本選手・今年の主な戦績関西学生テニス選手権大会

春季優勝、夏季優勝全日本学生テニス選手権大会(インカレ)3回戦<hr>>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201709/116634.html

錦織14位 25日付世界ランク

男子テニスの9月25日付ATP世界ランキングが発表され、年内の残り全大会を欠場し長期の休養に入っているは、前回と変わらず14位となった。錦織は、8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)時に右手首の怪我が再発。その後、長期の休養に入ることを発表した。また、トップ10ではが1つあげて自己最高タイの8位に浮上。錦織と同様に年内の残り全大会を欠場し、休養に入っているは1つ下げて9位となった。■1位[

- ]…9,465ポイント(9,465ポイント)■2位[ - ]…7,505ポイント(7,505ポイント)■3位[ -

]…6,790ポイント(6,790ポイント)■4位[ - ]…4,310ポイント(4,470ポイント)■5位[ -

]…4,155ポイント(4,155ポイント)■6位[ - ]…4,125ポイント(4,125ポイント)■7位[ -

]…3,925ポイント(4,030ポイント)■8位[ - ]…G・ディミトロフ3,575ポイント(3,575ポイント)■9位[ -

]…S・ワウリンカ3,540ポイント(3,690ポイント)■10位[ - ]…2,855ポイント(2,855ポイント)■11位[ -

]…2,825ポイント(2,825ポイント)■12位[ - ]…2,650ポイント(2,695ポイント)■13位[ -

]…2,525ポイント(2,525ポイント)■14位[ - ]…錦織圭2,475ポイント(2,475ポイント)<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201709/116633.html

【告知】法政大 岡垣光祐 1回戦

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road

To Spain チャレンジカップ2017」関東代表の法政大1年・岡垣光祐が、25日18時以降よりツアー下部大会のサバデルオープン(スペイン/サバデル、ITFフューチャーズ2.5万ドル)の本戦1回戦に臨む。対戦相手は同じくワイルドカードで出場している世界ランク1,474位の17歳、A・コリャス=サンチェス(スペイン)で、試合はコート3の第2試合に組まれ日本時間18時以降(現地11時以降)に開始予定となっている。岡垣はtennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road

To Spain チャレンジカップ2017」関東大会を制して、同大会の本戦出場権を獲得。同様に、関西大会を制した近畿大2年の松本樹と共に初のスペイン、初のフューチャーズ大会へ挑戦することとなった。同大会の本戦1回戦に勝利することで、ATPポイントを手にすることができる。<img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20170925_sabadell02-546.jpg"

width="100%"><img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20170925_sabadell03-546.jpg"

width="100%">岡垣は本戦初日の25日に試合が組まれ、松本は26日に予選勝者と対戦する予定となっており、両選手の1ポイント速報をtennis365.netで配信する。【9月25日18時以降】【9月26日

開始日時未定】岡垣、松本の今年の主な戦績は以下の通り。■岡垣選手・今年の主な戦績関東学生テニス選手権大会

春季2回戦、夏季ベスト4全日本学生テニス選手権大会(インカレ)2回戦■松本選手・今年の主な戦績関西学生テニス選手権大会

春季優勝、夏季優勝全日本学生テニス選手権大会(インカレ)3回戦<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201709/116632.html

予選勝者 シードに快勝で初V

男子テニスのモゼール・オープン(フランス/メッツ、ハード、ATP250)は24日、シングルス決勝が行われ、予選勝者のが第7シードのを7-5,

6-2のストレートで下し、ツアー初優勝を飾った。この試合、ファーストサービスが入った時に86パーセントの確率でポイントを獲得したゴヨブジクは、ペールに1度もブレークポイントを与えず、1時間7分で勝利を手にした。今大会は予選2試合を勝ち抜いて本戦に出場。1回戦で、2回戦で第8シードの、準々決勝で、準決勝で第5シードのを破って決勝まで駒を進めていた。2006年にプロ転向した28歳のゴヨブジクは今シーズン、ツアーと下部大会の両方に出場。1月のチャレンジャー大会で優勝を飾り、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では予選を突破して2回戦進出を果たした。一方、敗れたペールは2015年のスキースター・スウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタード、レッドクレー、ATP250)以来となるツアー2勝目をあげることは出来なかった。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201709/116631.html

逆転勝ちで全仏OPぶり2勝目

女子テニスの韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、WTAインターナショナル)は24日、シングルス決勝が行われ、第1シードのがを6-7

(5-7), 6-1, 6-4の逆転で下して大会初優勝を飾り、6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来となるツアー2勝目をあげた。この試合、7度のブレークチャンスを全て活かしたオスタペンコが2時間15分で勝利を手にした。20歳のオスタペンコは今大会、1回戦で、2回戦で、準々決勝で、準決勝でを破って決勝まで勝ち上がった。今シーズンは、全仏オープンでノーシードから快進撃を続けて四大大会初のタイトルを獲得し、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でもベスト8に進出。シーズンが始まったときには44位だった世界ランキングを10位まで上げている。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201709/116630.html

【告知】大坂なおみvsメルテンス

女子テニスツアーの武漢オープン(中国/武漢、ハード、WTAプレミア5)は25日、とのシングルス1回戦がコート3の第1試合に組まれ、日本時間25日の15時(現地25日の14時)に開始予定。両者は今回が初の対戦。19歳の大坂は、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で元世界ランク1位のらを下して3回戦に進出。しかし、ジャパン

ウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)と東レ パン パシフィック

オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)では初戦で敗れていた。武漢オープンは今回が初の出場。今大会は上位シード勢が勝ち進んだ場合、2回戦で第16シードの、3回戦で第4シードの、準々決勝で第6シードのか第10シードのと対戦する組み合わせ。一方、21歳のメルテンスは今季、ホバート国際(オーストラリア/ホバート、ハード、WTAインターナショナル)でツアー初のタイトルを獲得。TEB

BNPパリバイスタンブール・カップ(トルコ/イスタンブール、ハード、

WTAインターナショナル)では準優勝を飾り、その他ツアー2大会でベスト4進出を果たした。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201709/116629.html