テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

快挙 韓国史上初の四大大会8強

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク58位のが第14シードのを7-6

(7-4), 7-5, 7-6

(7-3)のストレートで破り、韓国史上初の四大大会ベスト8進出を果たす快挙を成し遂げた。昨年11月に行われた21歳以下最終戦

ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)の初代王者に輝いたチョンは、今大会3回戦で第4シードのをフルセットで破り、16強へ進出していた。4回戦で待っていたのは、これまで全豪オープンを6度制している元王者のジョコビッチだった。この日、21歳のチョンは右肘の治療を受けるジョコビッチに対して自身のプレーを貫き、正確なストロークで主導権を握った。第3セットのマッチポイントではジョコビッチのバックハンドがアウトし、3時間21分の激闘に終止符が打たれた。試合後のインタビューで、チョンは「どうやって勝ったのか覚えていない。第3セットを落としても、まだ2つのセットがある。僕は若いから、スタミナは残っている」とコメントした。続けて「子どもの頃からノヴァーク(ジョコビッチ)をコピーしようとしていた」と笑顔で述べ、観客の笑いを誘った。これまでは昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)3回戦進出が四大大会の自己最高成績だったチョンは「信じられない。夢が現実になった」と述べた。準々決勝でチョンは、ノーシードから勝ち上がってきた世界ランク97位のと対戦する。サングレンは4回戦で第5シードのをフルセットで下しての勝ち上がり。チョンは「ゆっくり休んで、次の試合に備えた」と意気込んだ。<hr><div

style="background-color:#228b22"><font

color="#ffffff"><strong>■関連ニュース</strong></font>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201801/118183.html

大坂なおみ 女王敗れるも前向き

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、女子シングルス4回戦が行われ、世界ランク72位のは第1シードのに3-6,

2-6のストレートで敗れ、四大大会初のベスト8進出とはならなかった。会見では「試合運びに関しては満足してるから、そんなにネガティブではない。全体的にはポジティブだったと思う」と前向きだった。この日、第1セットで互角の戦いを見せたが、第2セットに入ると大坂はミスを重ねて女王のハレプへ流れが傾いた。第1セットの第6ゲームではブレークチャンスを握るも、ものにできなかった大坂は「(後悔は)少しある。ハレプはあの場面で、とても良いプレーをした。だから、そんなに後悔することはない」とコメント。第18シードのとの3回戦では12本のサービスエースを決めた大坂だったが、4回戦は5本。鉄壁守備のハレプに屈し「プレッシャーを感じるとしたら自分自身。彼女(ハレプ)は最高のリターンの名手の1人。ディフェンス系の選手として知られている。私は前に出るべきなのに後ろにいた」と振り返った。今大会は日本勢女子で、2000年に8強入りした以来18年ぶりの全豪オープン16強入りとなった。「自信がついたと思う。このラウンドに進出できる選手になったから。でも、4回戦に進出したからといって優れているとは思わない。意味がない」今回でハレプに3連敗となった大坂は「前に2回戦ったことがある。毎回、名誉だと思っている。彼女は今世界1位だからね。もちろん彼女は素晴らしいし、あんないい選手と戦える機会に感謝している」と述べた。一方、勝利したハレプは準々決勝で、第6シードのと第20シードのの勝者と対戦する。<hr><div

style="background-color:#228b22"><font

color="#ffffff"><strong>■関連ニュース</strong></font>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201801/118180.html

ジョコ 全豪OP4回戦敗退

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、第14シードのは世界ランク58位のに6-7

(4-7), 5-7, 6-7

(3-7)のストレートで敗れ、2年ぶりのベスト8進出とはならなかった。この試合、7本のダブルフォルトを犯すなど自身のサービスゲームで苦戦したジョコビッチは、タイブレークの末に第1セットを落とす。その後は、メディカルタイムアウトを要求し、トレーナーから足と右肘の治療を受けた。第2セットもチョンのペースで試合が進み、2度のブレークを許したジョコビッチはセットカウント0−2の崖っぷちに立たされる。第3セットでは第1ゲームでブレークに成功したが、第2ゲームですぐにブレークバックされると、最後はタイブレークで力尽き、ストレートで敗れた。ジョコビッチは今大会、1回戦で世界ランク63位の、2回戦で同39位の、3回戦で第21シードのを下して4回戦まで駒を進めていた。右肘の回復が間に合わず、開幕戦のカタールエクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、ATP250)を欠場したジョコビッチは、エキシビジョン

クーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)で約6カ月の実戦を白星で飾った。全豪オープンでは過去6度の優勝を誇るが、昨年は2回戦で当時世界ランク117位のに敗れる波乱に見舞われていた。一方、勝利したチョンは準々決勝で、世界ランク97位のと対戦する。サングレンは4回戦で第5シードのをフルセットで下しての勝ち上がり。<hr><div

style="background-color:#228b22"><font

color="#ffffff"><strong>■関連ニュース</strong></font>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201801/118179.html

金星 世界97位が四大大会初8強

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク97位のが第5シードのを6-2,

4-6, 7-6 (7-4), 6-7 (7-9),

6-3のフルセットで破る金星をあげ、四大大会初のベスト8進出を果たした。2回戦で第9シードのを破ったサングレンはこの日、ティームとのフルセットにおよぶ死闘を3時間54分で制した。準々決勝では、第14シードのと世界ランク58位のの勝者と対戦する。26歳のサングレンは、近年下部大会を中心にツアーを転戦。昨年はチャレンジャー2大会でタイトルを獲得し、3大会で準優勝を飾った。グランドスラム本戦での勝利は今大会が初だった。一方、敗れた世界ランク5位のティームは、全豪オープン初のベスト8進出とはならなかった。<hr><div

style="background-color:#228b22"><font

color="#ffffff"><strong>■関連ニュース</strong></font>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201801/118177.html

大坂破ったハレプ「嬉しい」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、女子シングルス4回戦が行われ、第1シードのが世界ランク72位のを6-3,

6-2のストレートで破り、3年ぶり3度目のベスト8進出を果たした。この日、大坂の強打を振り切り1時間19分で勝利した女王のハレプは、試合後のオンコートインタビューで「素晴らしい試合だった。準々決勝に戻れて、本当に嬉しい。けがをしていたから、ここまでの結果を想像していなかった。いい試合ができた。毎ポイントに集中した」と喜びを語った。世界ランク1位のハレプは、3回戦で3時間を超える死闘を強いられていた。「この大会は、私にとってマラソンみたいなもの。けがは、まだ残ってる。あんまり考えないようにして、その瞬間を楽しむ。この大会が終われば2日間の休みをとれるかもしれないからね」大坂からミスを誘い出し、自身は安定したプレーを披露したハレプは「彼女(大坂)が強くボールを打つことは知っていたから、左右に動かし、リズムを変えた。強く打ったり、弱く打ったり。チームと話したことを実行してうまくいった」と作戦通りの勝利に手応えを得ていた。全豪オープン初のベスト4進出に向け準々決勝では、第6シードのと第20シードのの勝者と対戦する。<hr><div

style="background-color:#228b22"><font

color="#ffffff"><strong>■関連ニュース</strong></font>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201801/118175.html

テニス、大坂は世界1位に敗れる 全豪オープン第8日

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第8日は22日、メルボルンで行われ、女子シングルス4回戦で大坂なおみ日清食品)は世界ランキング1位の第1シード、シモナ・ハレプ(ルーマニア)に3―6、2―6で敗れ、日本勢で2000年大会8強の杉山愛以来18年ぶりの準々決勝進出はならなかった。シングルスの日本勢は全て敗退した。

 男子ダブルス3回戦で国別対抗戦デビス杯の日本代表経験があるマクラクラン・ベンとヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)のペアはパブロ・カレノブスタらスペインのペアを破り、日本勢で1965年大会8強の渡辺康二、石黒修組以来の準々決勝進出を果たした。(共同)

<引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2018012201001830.html

【速報中】ジョコvsチョン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われている。第19シードのは、過去の対戦成績が2勝2敗とタイの第25シードのと激突する。ベルディヒとフォニーニの試合は、マーガレット・コート・アリーナの第2試合に組まれた。2連覇と6度目の優勝を狙う第2シードのは、今回が初対戦となる世界ランク80位のと顔を合わせる。両者の試合は、ロッド・レーバー・アリーナの第3試合に組まれた。第14シードのは、3回戦で第4シードのを破った世界ランク58位のと対戦。両者は今回が2度目の対戦で、2016年の全豪オープン1回戦では、ジョコビッチがストレートで勝利している。ロッド・レーバー・アリーナのナイトセッション第1試合に組まれており、日本時間22日の17時(現地22日の19時)以降に開始予定。各コートの第1試合は、日本時間22日の9時(現地22日の11時)開始予定。【マーガレット・コート・アリーナ】<第2試合>(19)T・ベルディヒ

6-1, 6-4, 6-4 (25)F・フォニーニ【ロッド・レーバー・アリーナ】<第3試合>(2)R・フェデラー 6-4, 7-6

(7-3) , 6-2 M・フチョビッチ日本時間22日の17時(現地22日の19時)開始予定<ナイトセッション第1試合>(14)N・ジョコビッチ

vs チョン・ヒョン<hr><div style="background-color:#228b22"><font

color="#ffffff"><strong>■関連ニュース</strong></font>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201801/118158.html