テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

フェデラー 4強の選手に連勝中

男子テニスの最終戦であるNitto

ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は18日、第2シードのと第7シードののシングルス準決勝が、日本時間18日の23時(現地18日14時)以降に開始予定。グループ・ボリス

ベッカーからは、6年ぶり7度目の優勝を狙うフェデラーが3戦全勝で準決勝へ駒を進めた。フェデラーが3連勝で4強を決めたのは今回が10度目で、ATPファイナルズでの予選ラウンドロビン敗退は2008年のみ。ゴファンはグループ・ピート

サンプラスから2勝1敗で2位通過を決め、初の準決勝進出を果たした。もう一方の準決勝は、第6シードのと第8シードのが対戦する。過去の対戦でフェデラーはゴファンに6連勝、ディミトロフに6連勝、ソックに3連勝している。今大会のシングルスはグループ・ピート

サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。【グループ・ピート

サンプラス】(1) 棄権 0勝1敗(4) 1勝2敗(6)G・ディミトロフ 3勝0敗(7)D・ゴファン 2勝1敗(補)

0勝2敗【グループ・ボリス ベッカー】(2)R・フェデラー 3勝0敗(3) 1勝2敗(5) 0勝3敗(8)J・ソック 2勝1敗<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201711/117369.html

ATP世界ランキング(シングルス・女子)__2017/11/18


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

順位


名前

保有ポイント 出場大会数

1位


セリーナ・ウィリアムズ

7,010 15

2位


アンゲリク・ケルバー

6,925 21

3位


カロリナ プリスコバ

6,020 21

4位


ドミニカ・チブルコバ

5,065 22

5位


シモナ・ハレプ

5,021 16

6位


ガルビネ・ムグルサ

4,691 19

7位


Johanna Konta
4,330 21

8位


アグニエシュカ・ラドワンスカ

4,205 21

9位


スベトラーナ・クズネツォワ

4,025 20

10位


マディソン・キーズ

3,857 16

11位


キャロライン・ウォズニアッキ

3,850 23

12位


ビーナス・ウィリアムズ

3,811 17

13位


エリナ・スビトリナ

3,740 21

14位


エレーナ・ベスニナ

2,925 22

15位


ペトラ・クビトバ

2,900 19

16位


アナスタシア・パブリュチェンコワ

2,475 22

17位


Barbora Strycova
2,130 22

18位


サマンサ・ストーサー

2,120 24

19位


Kristina Mladenovic
2,080 25

20位


Kiki Bertens
1,988 24

21位


Mirjana Lucic-Baroni
1,924 21

22位


ティメア・バシンスキー

1,913 17

23位


ココ・バンダウェイ

1,823 17

24位


Caroline Garcia
1,815 25

25位


カルラ・スアレス・ナバロ

1,775 21

26位


Anastasija Sevastova
1,760 25

27位


Daria Gavrilova
1,715 19

28位


ルーシー・サファロバ

1,670 22

29位


Daria Kasatkina
1,630 22

30位


Timea Babos
1,565 27

31位


Yulia Putintseva
1,535 28

32位


Shuai Zhang
1,510 25

33位


Irina-Camelia Begu
1,507 24

34位


Ana Konjuh
1,507 21

35位


Lauren Davis
1,455 21

36位


ロベルタ・ビンチ

1,435 22

37位


彭帥(ポン・シュアイ)

1,380 24

38位


Katerina Siniakova
1,363 24

39位


Alison Riske
1,320 24

40位


Monica Puig
1,275 26

41位


アリーゼ・コルネ

1,272 22

42位


Lesia Tsurenko
1,270 21

43位


エカテリーナ・マカロワ

1,250 20

44位


Christina McHale
1,245 24

45位


ユリア・ゲルゲス

1,155 22

46位


大坂なおみ

1,113 20

47位


モニカ・ニクルスク

1,110 21

48位


Shelby Rogers
1,101 22

49位


Laura Siegemund
1,096 22

50位


Jelena Ostapenko
1,080 26

51位


Yaroslava Shvedova
1,076 20

52位


土居美咲

1,050 25

53位


Johanna Larsson
1,045 25

54位


Viktorija Golubic
1,011 23

55位


エレナ・ヤンコビッチ

995 23

56位


Qiang Wang
984 22

57位


Kristyna Pliskova
982 24

58位


Catherine Bellis
966 18

59位


ウージニー・ブシャール

965 24

60位


Ying-Ying Duan
960 24

61位


Lara Arruabarrena
950 21

62位


Oceane Dodin
933 28

63位


Annika Beck
900 28

64位


Pauline Parmentier
880 25

65位


Elise Mertens
874 27

66位


ソラナ・チルステア

873 24

67位


Louisa Chirico
852 22

68位


Mandy Minella
849 28

69位


Carina Witthoeft
832 23

70位


尾﨑里紗

819 26

71位


Varvara Lepchenko
815 27

72位


ヤニナ・ウィックマイヤー

813 22

73位


Anett Kontaveit
801 20

74位


ツベタナ・ピロンコワ

792 17

75位


Evgeniya Rodina
783 36

76位


Jennifer Brady
779 27

77位


Natalia Vikhlyantseva
775 20

78位


アンドレア・ペトコビッチ

765 19

79位


Magda Linette
753 27

80位


日比野菜緒

743 30

81位


Mona Barthel
737 25

82位


Sara Sorribes Tormo
735 33

83位


Saisai Zheng
733 30

84位


Donna Vekic
722 30

85位


Ashleigh Barty
699 9

86位


Julia Boserup
698 27

87位


Patricia Maria Tig
694 26

88位


Ekaterina Alexandrova
680 28

89位


Irina Khromacheva
680 27

90位


Camila Giorgi
664 20

91位


Aliaksandra Sasnovich
662 25

92位


カテリナ・ボンダレンコ

658 24

93位


キルステン・フリプケンス

647 21

94位


Kristina Kucova
640 17

95位


奈良くるみ

635 24

96位


Maria Sakkari
631 29

97位


Jana Cepelova
629 21

98位


Madison Brengle
626 28

99位


Mariana Duque-Mariño
617 18

100位


Vania King
617 16

ATP世界ランキング(シングルス・男子)__2017/11/18


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

順位


名前

保有ポイント 出場大会数

1位


ラファエル・ナダル

10,645 17

2位


ロジャー・フェデラー

9,005 16

3位


アレクサンダー・ズベレフ

4,410 24

4位


ドミニク・ティエム

3,815 26

5位


マリン・チリッチ

3,805 21

6位


グリゴール・ディミトロフ

3,650 22

7位


スタン・ワウリンカ

3,150 15

8位


ダビド・ゴフィン

2,975 25

9位


ジャック・ソック

2,765 21

10位


Pablo Carreno Busta
2,615 24

11位


フアンマルティン・デルポトロ

2,595 19

12位


ノバク・ジョコビッチ

2,585 16

13位


サム・クエリー

2,535 23

14位


ケビン・アンダーソン

2,480 22

15位


ジョーウィルフリード・ツォンガ

2,320 20

16位


アンディ・マレー

2,290 16

17位


ジョン・イスナー

2,265 24

18位


リュカ・プイユ

2,235 24

19位


トマーシュ・ベルディヒ

2,095 19

20位


ロベルト・バウティスタ・アグ

2,015 24

21位


ニック・キリオス

2,010 19

22位


錦織圭

1,885 19

23位


Albert Ramos-Vinolas
1,845 30

24位


ミロシュ・ラオニッチ

1,795 20

25位


Gilles Muller
1,695 22

26位


Diego Schwartzman
1,675 28

27位


Fabio Fognini
1,670 24

28位


Adrian Mannarino
1,635 29

29位


フィリップ・コールシュライバー

1,440 22

30位


Damir Dzumhur
1,391 28

31位


リシャール・ガスケ

1,375 21

32位


パブロ・クエバス

1,370 25

33位


Mischa Zverev
1,302 31

34位


Filip Krajinovic
1,298 26

35位


フェルナンド・ベルダスコ

1,295 25

36位


フェリシアーノ・ロペス

1,295 25

37位


ダビド・フェレール

1,290 23

38位


アレクサンドル・ドルゴポロフ

1,231 24

39位


Andrey Rublev
1,229 22

40位


杉田祐一

1,219 28

41位


ブノワ・ペール

1,155 33

42位


Robin Haase
1,130 30

43位


パオロ・ロレンツィ

1,095 34

44位


スティーブ・ジョンソン

1,055 26

45位


Karen Khachanov
1,030 28

46位


ガエル・モンフィス

1,015 17

47位


ライアン・ハリソン

1,010 26

48位


ボルナ・チョリッチ

1,001 28

49位


Aljaz Bedene
993 21

50位


Kyle Edmund
992 27

51位


Denis Shapovalov
981 23

52位


Leonardo Mayer
917 19

53位


Jared Donaldson
899 28

54位


Jan-Lennard Struff
898 32

55位


ビクトル・トロイツキ

880 28

56位


デニス・イストミン

864 24

57位


ジュリアン・ベネトー

855 19

58位


Joao Sousa
850 30

59位


Hyeon Chung
844 22

60位


Nikoloz Basilashvili
826 30

61位


Peter Gojowczyk
817 21

62位


ドナルド・ヤング

816 24

63位


Jiri Vesely
815 26

64位


Guido Pella
774 23

65位


Daniil Medvedev
772 25

66位


オラシオ・ゼバロス

768 31

67位


デュディ・セラ

755 23

68位


Federico Delbonis
755 19

69位


Florian Mayer
718 21

70位


ギリェルモ・ガルシアロペス

714 29

71位


盧彦勳(ルー・エンスン)

704 24

72位


Evgeny Donskoy
704 29

73位


Thomas Fabbiano
701 26

74位


Mikhail Kukushkin
693 24

75位


Dusan Lajovic
687 27

76位


スティーブ・ダルシス

667 22

77位


ジェレミー・シャルディー

665 27

78位


Frances Tiafoe
662 25

79位


イボ・カロビッチ

660 23

80位


Pierre-Hugues Herbert
652 23

81位


Cedrik-Marcel Stebe
651 21

82位


Victor Estrella Burgos
648 24

83位


ミハイル・ユージニー

633 26

84位


Marton Fucsovics
630 24

85位


Tennys Sandgren
623 32

86位


Radu Albot
616 30

87位


Stefanos Tsitsipas
615 32

88位


Laslo Djere
612 28

89位


アンドレアス・セッピ

611 23

90位


ジル・シモン

610 26

91位


Maximilian Marterer
608 28

92位


Marius Copil
601 25

93位


Nicolas Kicker
601 27

94位


Rogerio Dutra Silva
597 31

95位


Jordan Thompson
593 26

96位


Malek Jaziri
580 32

97位


ダニエル太郎

579 25

98位


Matthew Ebden
575 19

99位


Gerald Melzer
572 24

100位


Henri Laaksonen
571 31

フェデラー戦に迷いのゴファン

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、グループ・ピート

サンプラスのシングルス予選ラウンドロビンが行われ、第7シードのが第4シードのを6-4,

6-1のストレートで破り、初の準決勝進出を果たした。この日、ゴファンは第1セット序盤でゲームカウント0−3とリードを許したが、ティームからミスを誘い出してセットカウント1−0とする。第2セットは第2ゲームから6ゲームを連取する猛攻で、準決勝進出の最後の1枠をかけた大一番を1時間11分で制した。「序盤の自分のプレーは悪いと思わなかったから、最初の3ゲームでパニックにならなかった。彼(ティーム)の出だしには驚いた。スライスを使って変化をつけたり、動きも良かった。攻撃的なリターンが挽回の鍵だったかもしれない。ブレークバックしたくらいから、彼はストロークに苦しんでいた」ゴファンは準決勝で第2シードのと対戦する。6年ぶり7度目の優勝を狙うフェデラーはグループ・ボリス

ベッカーを3戦全勝で1位通過している。両者は7度目の対戦で、フェデラーに6連敗中のゴファンは「ロジャー(フェデラー)を倒す鍵を見つけたことがない。正直、明日は何をすればいいか分からない。でも、何かトライしてみようと思っている。何か違うことを、これまでやったことがない何かを。自分は必ず何か違うことをやりたい」と意気込んだ。今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)から膝にテーピングを施していることについては「テープをしている方が、より良い気持ちでプレーできるから。シーズンが終わるまでは続ける。まだ膝に違和感を感じている。それでも試合は続くから、テーピングをしてプレーする決断に至った」と説明した。今大会のシングルスはグループ・ピート

サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。【グループ・ピート

サンプラス】(1) 棄権 0勝1敗(4)D・ティーム 1勝2敗(6) 3勝0敗(7)D・ゴファン 2勝1敗(補) 0勝2敗【グループ・ボリス

ベッカー】(2)R・フェデラー 3勝0敗(3) 1勝2敗(5) 0勝3敗(8) 2勝1敗<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201711/117380.html

準決勝 ディミトロフvsソック

男子テニスの最終戦であるNitto

ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は18日、第6シードのと第8シードののシングルス準決勝が、日本時間19日の5時(現地18日の20時)以降に開始予定。ディミトロフはNitto

ATPファイナルズにブルガリア人として初出場だけでなく準決勝進出を果たしている。一方、ソックはロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)でマスターズ初優勝を飾ると同時にNitto

ATPファイナルズ最後の出場枠を滑り込みで獲得。今大会では、アメリカ勢で2007年の以来10年ぶりの4強進出を決め、台風の目となっている。両者は5度目の対戦で、ソックの3勝1敗。直近は今年のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)3回戦で、ソックがディミトロフに3-6,

6-3, 7-6 (9-7)のスコアで勝利している。もう一方の準決勝は、第2シードのと第7シードのが対戦する。今大会のシングルスはグループ・ピート

サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する。【グループ・ピート

サンプラス】(1) 棄権 0勝1敗(4) 1勝2敗(6)G・ディミトロフ 3勝0敗(7)D・ゴファン 2勝1敗(補)

0勝2敗【グループ・ボリス ベッカー】(2)R・フェデラー 3勝0敗(3) 1勝2敗(5) 0勝3敗(8)J・ソック 2勝1敗<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201711/117371.html

ディミトロフ 好調ソック警戒

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、グループ・ピート

サンプラスのシングルス予選ラウンドロビン3戦全勝で準決勝進出を果たした第6シードのが会見で、第8シードのとの準決勝を警戒した。「勝っても負けても次の試合がある。他の事は考えたくなかった。普段の試合と同じように考えていた。だだ自分のテニスをしてミスを犯さないようにした。シンプルさが良かったんだと思う。」この日、繰り上がり出場のと対戦したディミトロフは、既に準決勝進出が決まった状態で挑んでいたが、序盤から主導権を握ってカレノ=ブスタを寄せ付けず、6-1,

6-1のストレートで勝利した。試合時間は1時間。ATPファイナルズに初出場で準決勝へ進出をしたのは、2014年の以来3年ぶり。さらに初出場からの予選全勝は、2008年の以来9年ぶりとなった。準決勝では、第8シードのソックと対戦する。ソックも初出場ながら、予選ラウンドロビンで第3シードのと第5シードのを破って4強入りを果たしており、勢いに乗っている。会見でディミトロフは「彼は普通の選手ではない。彼は彼の強さを上手く使う選手。彼のテニスはとても向上していて、シーズンを通して良いプレーをし、最後の最後でマスターズ大会で優勝した。明らかに今の彼は自信が湧いている」とソックを警戒。続けて「正直、何か違ったことをするつもりはない。自分自身と自分のテニスに集中するだけ」と意気込みを語った。今大会のシングルスはグループ・ピート

サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。【グループ・ピート

サンプラス】(1) 棄権 0勝1敗(4) 1勝2敗(6)G・ディミトロフ 3勝0敗(7) 2勝1敗(補)P・カレノ=ブスタ

0勝2敗【グループ・ボリス ベッカー】(2) 3勝0敗(3)A・ズベレフ 1勝2敗(5)M・チリッチ 0勝3敗(8)J・ソック

2勝1敗<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201711/117381.html

現地生観戦 全豪OPチケット手配

ワールドスポーツコミュニティ株式会社は、毎年1月に行われるシーズン最初のグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)の観戦チケットを手配する。センターコートロッド・レーバー・アリーナは、グランドスラム初となる開閉式の屋根が設置されたセンターコートで、2001年から使用されているハイセンス・アリーナも開閉式の屋根が設置されている。また、2015年からはマーガレットコートにも開閉式の屋根が設置され、全豪オープンテニスは3つの開閉式の屋根が設置されたコートで観戦できる珍しい大会。昨年、第5シードとして出場したは4回戦でと対戦し、善戦するも惜しくも敗れて3年連続のベスト8進出とはならなかった。錦織に勝利したフェデラーは、その後もらを下し、決勝ではとの死闘を制して、7年ぶり5度目の優勝を飾った。四大大会では2012年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来

約5年ぶり、さらに歴代最多優勝数を更新する18勝目をあげた。今シーズンはトップ選手のけがによるツアー離脱が相次ぎ、現在は復帰するため治療、リハビリに専念している。、ワウリンカは年末のエキシビションから復帰する予定となっており、来年の全豪オープンではトップ選手らが再集結する。チケットの手配を行っているワールドスポーツコミュニティ株式会社は、全グランドスラムやATPワールドツアーのチケットも販売。これまで500組以上のチケットを手配している実績もあり、安心してテニスの観戦チケットを手配することが出来る。<img

src="http://news.tennis365.net/news/photo/20171110_wsc546-1.jpg"

width="100%"><hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201711/117233.html