テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

フェデラー「試合が楽しみ」

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日、シングルス3回戦が行われ、第4シードのが世界ランク103位のを7-5, 6-3のストレートで破り、ベスト16進出を果たした。この日、ファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得した37歳のフェデラーは、14本のサービスエースを決めるなど安定した試合運びで勝利した。男子テニス協会のATP公式サイトには「サービスがとてもよかったと思う。フィリップ(クライノビッチ)はセカンドサービスに対するリターンがいい。もしファーストサービスが入らなければ、僕はある程度のプレッシャーを感じてしまうことをわかっていた。でも今回は僕の得意なところで打てたし、圧力をかけ続けることができたおかげで、短いラリーでポイントを獲得することができた」とフェデラーのコメントが掲載されている。8強入りをかけてフェデラーは4回戦で第13シードのと対戦することについて「試合が楽しみだ。彼(メドヴェデフ)の進歩には感動している。昨年からの活躍はとても印象的だ」と話した。フェデラーは2017年以来2年ぶり4度目のマイアミ・オープン優勝を狙っている。同日行われた3回戦では、第6シードは、第8シードの、第18シードの、第20シードの、第28シードのらが16強入りを決めている。「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123033.html 硬式用テニスラケット 7TJ085 BEAST O3 104

影山太星が大田空破り選抜V

高校日本一を決める、第41回 全国選抜高校テニス大会(日本/福岡)は26日、男子個人戦の決勝が行われ、影山太星(名経大市邨)が大田空(四日市工)を6-2, 6-1のストレートで下して優勝を果たし、全米オープン・ジュニア(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)予選の出場資格を獲得した。準優勝の大田空(四日市工)3位の(左から)高畑里玖と田中瑛大【決勝】影山太星(名経大市邨) 6-2, 6-1 大田空(四日市工)【準決勝】大田空(四日市工) 6-4, 6-3 高畑里玖(相生学院)影山太星(名経大市邨) 6-1, 6-3 田中瑛大(湘南工大附)「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!※大会1日目無料配信【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123034.html 軟式用テニスラケット ネクシーガ70Gリミテッド NXG70GLD-187

18歳の快進撃 10連勝でストップ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミア・マンダトリー)は25日、シングルス4回戦が行われ、世界ランク24位のは第21シードのと対戦したが、1-6, 0-2の時点で途中棄権し、ベスト8進出とはならなかった。この試合の第1セット、アンドリースクは2度のブレークを許し落とす苦しい展開に。第2セットでも第1ゲームでブレークを奪われ、続く第2ゲームをサービスキープされた時点で棄権を申請した。18歳のアンドリースクは今月行われたBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)でツアー初優勝。今大会でも2回戦で第32シードの、3回戦で第8シードのを下し、4回戦へ駒を進めていた。女子テニス協会WTA公式サイトでアンドリースクは「可能な限り治療を受けた。大丈夫だろうと思っていたけど、試合が進むにつれ明らかに悪化していった。たくさんの試合をしてきたから身体的には十分だと思う。医者たちはそれほど深刻ではないと言ってくれた」と語った。それでもBNPパリバ・オープンから今大会にかけて10連勝を飾ったことについては「信じられないことだった。まさにシンデレラストーリー。本当にうれしい」と話した。また、今後始まるクレーコートシーズンに関しては「私のスタイルはとてもクレーに適していると思う。コートで滑りながらプレーするのが好きで、クレーではそれが他のサーフェスよりも簡単。楽しみにしている」と自信をのぞかせた。一方、勝利した23歳のコンタベイトは4強入りをかけて、準々決勝で第27シードのと対戦する。33歳のシュウェイは4回戦で第13シードのを下しての勝ち上がり。同日行われた4回戦では、第2シードの、第3シードの、第5シードのらが8強へ駒を進めた。「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123032.html 硬式用テニスラケット ブイコア100 18VC100-669

山口瑞希 松下菜々破り選抜V

高校日本一を決める、第41回 全国選抜高校テニス大会(日本/福岡)は26日、女子個人戦の決勝が行われ、山口瑞希城南学園)が松下菜々(相生学院)を5-7, 6-0, 6-4の逆転で下して優勝を果たし、全米オープン・ジュニア(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)予選の出場資格を獲得した。決勝戦、第1セットで山口はクロスへのアングルショットやカウンターショットを決めるなどで先にブレークすると、第10ゲームでサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。しかし、ここから松下の強打に押されて、このセットを落とす。第2セットからは息を吹き返した山口が第1ゲームでブレークに成功する好スタートを切ると主導権を握った。マッチポイントでは松下のリターンがアウトし、優勝を決めた。3位の(左から)大川美佐と高岡鈴蘭【決勝】山口瑞希城南学園) 5-7, 6-0, 6-4 松下菜々(相生学院)【準決勝】松下菜々(相生学院) 6-2, 4-6, 6-3 大川美佐(法政二)山口瑞希城南学園) 6-1, 6-3 高岡鈴蘭(沖縄尚学)「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!※大会1日目無料配信【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123031.html 硬式用テニスラケット 230819 G360 INSTINCT MP

西岡良仁 腰の現状を報告

男子テニスで世界ランク64位のが公式ブログを更新し、2月から3月にかけてのアメリカでのハードコートシーズンを振り返った。23歳の西岡は今季、1月のシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)で8強入りを果たすと、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では2回戦に進出。3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では、らを破りベスト16へ駒を進めたものの、腰の痛みのよりとの4回戦で途中棄権していた。西岡はブログ内で最近感じていることとして「身体が動ける状態であれば自分はいいテニスができると思ってるので、試合会場でほとんど練習をせず、コンディションの調整をメインにしていました。試合までの数日間は1日1時間だけという集中した練習しかしませんでした。練習時間を増やしてもしても疲れるだけですし、感覚があればなんとかなると思ってたからです」と言及した。また腰の負傷については「ベスト16の試合では、急に腰が痛くなり、薬を飲んでも動けない状況にまでなってしまいました。朝のアップの時にいきなり痛みを感じそこから良くなりませんでした。なぜ痛くなったのか原因も分からず、そしてまたベスト8入りのチャンスを逃したことは本当に悔しかったです。テニス自体は調子がよく、メンタル面も安定していたので、「怪我さえなければ…」という思いもありましたが、仕方のないものだと思うしかないですね」と綴った。最後に、現在は帰国してクレーコートシーズンに向けて腰の療養中と明かし「帰国してから1週間経ちましたがまだプレーはできておらず、思いのほか捻った動作での痛みがなくならないので、まだ完治には時間がかかりそうです。時間はあるので、ゆっくり治療して、長い長いクレーコートシーズンに向けて調整していきます」と記した。「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123029.html X-COMP Jr 25 硬式テニスラケット ジュニア PCJ-9253 GRYRED

フェレール 3回戦で力尽きる

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク155位のは第28シードのに7-5, 3-6, 3-6の逆転で敗れ、2015年以来4年ぶり11度目のベスト16進出とはならなかった。この試合の第1セット、フェレールは第10ゲームでセットポイントを凌ぐと、第11ゲームでこの日2度目のブレークを奪い先取する。第2セットでは第2ゲームで先にブレークを許すと、ブレークチャンスを握ることができずにセットカウント1−1に追いつかれる。迎えたファイナルセットでは第5ゲームでブレークを奪われ、その後挽回することができずに2時間25分の熱戦の末に力尽きた。今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)が現役最後の大会となっている36歳のフェレールは、勝利することができなかった。一方、2年連続2度目の16強進出を果たした21歳のティアフォーは8強入りをかけて、4回戦で第18シードのと対戦する。28歳のゴファンは3回戦で第14シードをストレートで下しての勝ち上がり。同日行われた3回戦では、第4シードの、第6シードは、第8シードの、第13シードの、第20シードのらが16強入りを決めている。「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123028.html ジュニア 硬式テニスラケット ULTRA TEAM 23 WRT208700

大坂撃破のシュウェイ 初8強へ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミア・マンダトリー)は25日、シングルス4回戦が行われ、第27シードのが第13シードのを6-3, 6-7 (0-7), 6-2のフルセットで破り、大会初のベスト8進出を果たした。この試合、シュウェイはウォズニアッキに5本のサービスエースを決められたものの、6度のブレークに成功。過去4戦全敗だったウォズニアッキを2時間13分で下した。33歳のシュウェイは今大会、初戦の2回戦で世界ランク45位のを破ると、3回戦では第1シードのと激突。過去2連敗中だった大坂を逆転で振り切り、4回戦へ駒を進めていた。シュウェイは4強入りをかけて、準々決勝で第21シードのと対戦する。23歳のコンタベイトは4回戦でと顔を合わせたが、アンドリースクの途中棄権によりベスト8入りを決めている。同日行われた4回戦では第2シードの、第3シード、第12シードのらが8強へ進出した。「男子テニスATPツアー マスターズ1000 マイアミ」WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!【配信予定】3/19〜3/31
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201903/123027.html X-COMP 硬式テニスラケット PC-9250 ORGWHT