テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

王者確定ナダル 準々決勝敗退

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのは世界ランク23位のに2-6,

5-7のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなった。両者は雨による悪天候の影響で同日に3回戦を行い、準々決勝へ駒を進めていた。2013年のW&Sオープンを制しているナダルは、序盤で4ゲームを連取されるとキリオスに主導権を握られ、第1セットを落とす。第2セットに入っても流れはキリオスに傾き、第5ゲームでブレークを許したナダルは第10ゲームでマッチポイントをしのいでゲームカウント5−5に追いついた。しかし、第11・第12ゲームを連取され、1時間20分で力尽きた。今大会は準々決勝で敗退したが、の欠場により、2014年7月以来3年ぶりに世界ランク1位へ返り咲くことが確定している。31歳のナダルは、ロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)3回戦で、当時世界ランク143位のに敗れる波乱に見舞われていた。一方、勝利した22歳のキリオスは、準決勝で元世界ランク3位のと対戦する。フェレールは準々決勝で第3シードのをストレートで破っての勝ち上がり。同日の準々決勝ではが第7シードのに挑んだが、ストレートで敗れた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115986.html

【速報中】ナダルvsキリオス

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、第1シードのと世界ランク23位ののシングルス準々決勝が現在行われている。両者は今回が4度目の対戦で、ナダルの2勝1敗。雨による悪天候の影響でナダルとキリオスは同日に3回戦を行った。ナダルは、キリオスはを下して準々決勝へ駒を進めている。また、同大会で出場予定だったの欠場により、ナダルは世界ランキングで2014年7月以来

約3年ぶりに1位へ返り咲くことが確定している。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115981.html

フェレール4強 ティーム破る

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク31位のが第3シードのを6-3,

6-3のストレートで破り、2014年以来2度目のベスト4進出を果たした。元世界ランク3位のフェレールは今シーズン不調で、7大会で初戦敗退を喫した。しかし、7月のスキースター・スウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタード、レッドクレー、ATP250)で約1年9カ月ぶりの優勝を果たすと、前週のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)ではから第1セットを取る善戦を見せた。今大会、、、第11シードのを下した35歳のフェレールは、この日23歳のティームを圧倒し1時間16分で勝利した。2014年のW&Sオープン・ファイナリストであるフェレールは準決勝で、第1シードのと世界ランク23位のの勝者と対戦する。同日の準々決勝ではが第7シードのに挑んだが、ストレートで敗れた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115984.html

杉田 マスターズ初4強ならず

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク46位のは第7シードのに2-6,

1-6のストレートで敗れ、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初のベスト4進出とはならなかった。やらが欠場する中、初戦で第13シードのを破るなどの快進撃で8強入りした杉田だったが、この日は序盤からミスを重ねて第1セットを落とす。第2セットも今季2大会で優勝しているディミトロフに主導権を握られ、1ゲームも奪えずに完敗した。28歳の杉田は、今年7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾り、日本男子で、錦織に次ぐ史上3人目の快挙を達成。世界ランキングでは松岡の46位を抜いて自己最高の43位を記録した。一方、勝利したディミトロフは準決勝で、第14シードのと20歳のの勝者と対戦する。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115979.html

【速報中】杉田vsディミトロフ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、世界ランク46位のと第7シードののシングルス準々決勝が現在行われている。両者は今回が2度目の対戦で、昨年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)ではディミトロフが逆転で勝利している。今大会、杉田は1回戦で第13シードの、2回戦では世界ランク58位のに勝利。3回戦では同32位のを逆転で破り、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初のベスト8進出を決めた。一方、今季2大会で優勝を飾っているディミトロフは、3回戦で元世界ランク4位のをストレートで下して準々決勝に駒を進めている。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115970.html

ズベレフ撃破の19歳 8強逃す

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は17日、男子シングルス3回戦が行われ、世界ランク87位のは第14シードのに6-7

(4-7), 5-7のストレートで敗れ、マスターズ初のベスト8進出とはならなかった。この日、イズナーにサービスエースを27本決められたティアフォーは、2度のブレークチャンスを活かすことが出来ず、1時間39分で敗れた。ワイルドカードで今大会に出場した19歳のティアフォーは、1回戦で予選勝者のに快勝。2回戦では、2大会連続でタイトルを獲得し、好調をキープしていた第4シードのを逆転で破る金星をあげて3回戦に駒を進めていた。一方、4年ぶりのベスト8進出を果たしたイズナーは準々決勝で、ワイルドカードで出場のと対戦する。ドナルドソンは、3回戦で世界ランク85位のをストレートで下してマスターズ初の8強入りを決めた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115977.html

地元の20歳がマスターズ初8強

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は17日、男子シングルス3回戦が行われ、ワイルドカードで出場のが世界ランク85位のを6-4,

7-6 (7-4)のストレートで下し、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初のベスト8進出を果たした。この日、ドナルドソンはファーストサービスが入った時に83パーセントの高い確率でポイントを獲得。バシラシヴィリのサービスゲームを2度破って1時間36分で勝利した。準々決勝では、第14シードのと対戦する。イズナーは、3回戦で世界ランク87位のをストレートで下しての勝ち上がり。20歳のドナルドソンは、現在世界ランク60位。今季3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000

)では予選から勝ち抜き4回戦に進出、7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では、自身2度目となる四大大会3回戦進出を果たした。また、同日には世界ランク46位のが同32位のを6-7

(0-7), 6-3, 6-3の逆転で破り、マスターズ初の8強入りを決めた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201708/115976.html