読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

【速報中】内山vsヒメノ=トラベール

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は23日、世界ランク179位のと同177位ののシングルス予選1回戦が現在行われている。両者は今回が初の対戦。24歳の内山は、第53回

島津全日本室内テニス選手権大会(日本/京都、室内カーペット、ATPチャレンジャー)でタイトルを獲得。国別対抗戦デビスカップ

ワールドグループ1回戦 日本対フランス(日本/東京、ハード)では、を下す金星をあげた。全仏オープンは、今回が初の出場となる。対する31歳のヒメノ=トラベールは、全仏オープンに予選を含めて今年で10度目の出場。過去には4度2回戦進出を果たしている。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114562.html

出産後、約半年でツアー復帰

女子テニスで元世界ランク1位のは23日に自身のツイッターを更新し、6月中旬の芝のシーズンに復帰することを明かした。昨年の12月に第一子を出産した27歳のアザレンカは「とても良いニュースがあります。私のトレーニングはここまで順調に進み、試合を始められるまでになったと感じています。加えて、(息子の)レオがロンドンとウィンブルドンが見たいようなことを言っているのです」と綴った。続けて「ウィンブルドンまでに、これからの数日でスケジュールをまとめるつもりです。ウィンブルドン前に、どこか芝の大会1つに出場しようと考えています。」と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)後に復帰することを発表した。最後に「また何か決まったらお知らせします。皆さんからの応援、ありがとうございます。またすぐに会いましょう」と締めくくっている。昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)1回戦を途中棄権して以降、公式戦に出場していない元女王のアザレンカは、これまで2012・2013年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝をあげている。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114559.html

21歳チャン 錦織世代を一蹴

男子テニスのオープン・パルク・オーヴェルニュ ローヌ

アルプ・リヨン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は22日、シングルス1回戦が行われ、予選勝者のは世界ランク51位のに6-2,

6-3のストレートで勝利し、2回戦進出を果たした。今大会初出場のチャンはこの日、好調なサーブで27歳のヤングを攻め立て、ファーストサーブでのポイント獲得率が97%と相手を寄せつけずに、2セットを通してブレークを許さず、1時間で勝負を決めた。弱冠21歳のチャンは2回戦、ワイルドカードで出場の第3シードのと対戦する。世界ランク68位のチャンは今シーズン、下部大会であるスポーツマスター・テニス選手権(アメリカ/マウイ、ハード、

ATPチャレンジャー)を優勝、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー

、ATP500)では3回戦でを破ると、準々決勝ではに敗れたが、ベスト8入りを果たしている。また、ネクスト・ジェネレーション

ATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)の出場をかけた「RACE TO

MILAN」(21歳以下最終戦出場ランキング)では、現在4位につけている。なお、首位はズベレフが独走している。今大会の上位シード勢は、第1シードに、第2シードに、第3シードにベルディヒ、第4シードに。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114561.html

土井美咲 相手棄権で2回戦進出

女子テニスツアーのニュルンベルガー・カップ(ドイツ/ニュルンベルク、レッドクレー、WTAインターナショナル)は18日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク64位のは同98位のに7-6(7-0)と第1セットを先取した時点で、サッカリが棄権したため、3年連続の2回戦進出を果たした。同日に行われた1回戦では、世界ランク81位の日比野奈緒が第6シードの同49位のに7-5,

6-1のストレートで敗れた。土井は同大会で2016年に2回戦敗退、2015年にはベスト8進出を果たしている。土井と日比野は5月28日開幕の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に本戦ストレートインで参戦する。その他の日本人女子では、同46位の、同70位の、同95位のも本戦入り。昨年の全仏オープンではが女王を破って2連覇を阻止し、四大大会初の優勝を飾った。シード順は、5月22日(月)付けの世界ランキングによって決定される。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114560.html

錦織14位へ浮上 最終戦ランク

男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)の出場をかけた「RACE TO

LONDON」(最終戦出場ランキング)が22日に発表され、は前回から1つ上げて14位へ浮上した。11月12日から開幕のATPワールドツアー・ファイナルズは、シーズンの大会獲得ポイント上位8名が出場することが出来る。錦織は、前週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)3回戦で昨年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)銀メダリストのにストレートで敗れた。今週は、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に向けた最終調整のため、バンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)に第2シードで出場する。また、BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)でマスターズ初優勝を飾った20歳のは前回から8つ上げて4位に、準優勝のは9つ上げて7位に浮上した。5月22日付の最終戦出場ランキングは以下の通り。1位[

- ]: 4,915ポイント2位[ - ]: 4,045ポイント3位[ - ]: 2,445ポイント4位[ +8 ]:A・ズベレフ

2,130ポイント5位[ -1 ]: 1,730ポイント6位[ -1 ]: 1,690ポイント7位[ +9 ]:N・ジョコビッチ

1,615ポイント8位[ -2 ]: 1,475ポイント==================9位[ -2 ]: 1,380ポイント10位[

- ]: 1,320ポイント11位[ -3 ]: 1,310ポイント12位[ -3 ]: 1,240ポイント13位[ -2 ]:

1,210ポイント14位[ +1 ]:錦織圭 1,110ポイント<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114550.html

錦織と同ブロック シード敗退

男子テニスのバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は22日、シングルス1回戦が行われ、第7シードのは世界ランク62位のに5-7,

6-7 (1-7)のストレートで敗れ、初戦で姿を消した。この日、元トップ10プレーヤーのアンダーソンに11本のサービスエースを叩き込まれ、1度もブレークをすることが出来なかったロレンジは1時間58分で敗れた。ロレンジがベスト8へ進出した場合、準々決勝では第2シードのと対戦する組み合わせだった。勝利したアンダーソンは、2回戦でと対戦する。ドナルドソンは1回戦でをストレートで下しての勝ち上がり。この日、その他では第6シードのが初戦を突破した。また、が予選勝者のR・マルコラ(イタリア)にストレートで勝利。2回戦では第2シードの錦織と顔を合わせる。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114558.html

【告知】錦織vsククシュキン

男子テニスのバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は23日、第2シードのと世界ランク88位ののシングルス2回戦が、日本時間24日の深夜1時(現地23日の18時)以降に開始予定。両者は今回が8度目の対戦(2011年のシンシナティ・マスターズも含む)で、錦織の7連勝。2012年のバルセロナ・オープン(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)以降の4試合はストレートで勝利している。上位シード勢が勝ち進むと、準決勝で第4シードのか第5シードの、決勝で第1シードのと対戦する組み合わせ。準々決勝で対戦の可能性があった第7シードのは1回戦で元世界ランク10位のにストレートで敗れた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114557.html