テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

大坂なおみ、武漢オープン欠場

 【武漢(中国)共同】女子テニスの武漢オープンの主催者は23日、シングルスで第7シードに入っていた大坂なおみ日清食品)が欠場すると発表した。ウイルス性の病気のためという。大坂は2回戦から登場する予定だった。  大坂は今年の全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス制覇を果たした。主催者を通じ「欠場しないといけなくなり、本当にごめんなさい。来年、武漢でプレーすることを楽しみにしています」との談話を出した。  大坂は23日までの東レ・パンパシフィック・オープンアリーナ立川立飛)では準優勝を収めたが、ツアー大会が続き「とても疲れている」と語っていた。(共同) <引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2018092301001868.html

「なおみは誇り」とバイン氏

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、室内ハード、プレミア)は23日、シングルス決勝が行われ、第3シードのは第4シードのに4-6, 4-6のストレートで敗れ、日本凱旋優勝とはならなかった。試合後、コーチのサーシャ・バイン氏が会見に登場し、決勝戦を振り返った。今年からコーチについたバイン氏は、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)と9月の全米オープンアメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で大坂の優勝を導いた。今大会もコートサイドから大坂を見守ってた。決勝戦の直前について、バイン氏は「僕らはいつも通りのルーティンをした。ウォームアップをして、決勝の作戦を話し合った。他の試合でやっていることと一緒だから、決勝のために特別なことをしたわけではない」と明かした。続けて、決勝戦の大坂のプレーは「いつもよりもミスが多かった気がする。プリスコバ選手に手堅いプレーをされた」と振り返った。オンコートでコーチングをした際については「ちょっと気持ちが入り過ぎていたから、それを指摘して修正しようとした。小さなミスを修正できればプリスコバ選手にプレッシャーをかけられて、違う展開になったかもしれない」と語った。1995年の以来23年ぶりの日本勢による優勝とはならなかったが、バイン氏は全米オープンから活躍する大坂を「今週のなおみの活躍は誇りに思う。あれだけ大きな大会で優勝した後、なおみは集中をキープし、この大会に臨んでいた」と評価した。「東レ パン パシフィック オープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!出場の「モゼール・オープン」も連日配信中!【放送予定】9月17日(月・祝)〜9月23日(日・祝)[第1日無料放送]
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201809/121159.html ESSENTIAL VERTICAL バックパック L 2.0 921386JP-02E

「大坂、生涯グランドスラムも」浅越さんが見た成長の跡

 23日に幕を閉じた女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン。2004年全米オープン女子シングルスで8強入りし、WOWOWで解説を務めた浅越しのぶさん(42)に、準優勝した大坂なおみ(20)=日清食品=の活躍を振り返ってもらった。      ◇  決勝はかなり厳しかった。プリスコバの第1サーブ成功率は80%。クロス主体のラリーもうまく封じられた。「完璧主義者」の大坂選手は、リターンゲームで点数を稼げないイライラを、自分のサービスゲームに引きずってしまった。  サーブという武器があるのだか… <引用元>http://www.asahi.com/articles/ASL9R45CXL9RUTQP01L.html

女子テニス、青山組が2回戦進出 武漢OPテニス開幕

 【武漢(中国)共同】女子テニスの武漢オープンは23日、中国の武漢で開幕し、ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)リジヤ・マロザワ(ベラルーシ)組がナディア・キチェノク(ウクライナ)アナスタシア・ロディオノワ(オーストラリア)組を6―4、6―3で下し、2回戦に進んだ。(共同) <引用元>http://www.asahi.com/articles/GCO2018092301001701.html

ジョコ敗れる レーバー杯

テニスのエキシビション レーバー・カップアメリカ/シカゴ)は22日、ヨーロッパ・チームが7勝5敗とリードして大会2日目を終えた。この日、とがシングルスで勝利をあげ、今季四大大会2勝をあげているがと対戦。今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)決勝と同カードとなったこの対決で、ジョコビッチはアンダーソンに17本のサービスエースを決められて敗れた。22日の結果は以下の通り。A・ズベレフ 3-6, 7-6 (8-6), [10-7] R・フェデラー 6-3, 6-2 N・ジョコビッチ 6-7 (5-7), 7-5, [6-10] K・アンダーソン/ 3-6, 4-6 / N・キリオス昨年チェコプラハで初開催されたレーバー・カップは、今年で2年目。オーストラリア出身でテニス界のレジェンドであるの名を冠した今大会は、21日から23日にかけて行われる。ヨーロッパ・チームは、ワールド・チームはがキャプテンを務める。チームメンバーは以下の通り。【ヨーロッパ・チーム】R・フェデラーA・ズベレフG・ディミトロフN・ジョコビッチD・ゴファン【ワールド・チーム】K・アンダーソンJ・イズナーJ・ソックN・キリオス「東レ パン パシフィック オープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!出場の「モゼール・オープン」も連日配信中!【放送予定】9月17日(月・祝)〜9月23日(日・祝)[第1日無料放送]
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201809/121161.html 硬式用テニスラケット 18PRO STAFF 97L WRT741920

錦織撃破166位「最大の成功」

男子テニスのモゼール・オープン(フランス/メス、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク166位のが第1シードのを2-6, 6-4, 7-5の逆転で破る番狂わせを起こし、ツアー初の決勝進出を果たした。予選から勝ち上がってきた31歳のバッヒンガーは序盤、錦織に圧倒されて第1セットを落とす。しかし、第2セットに入るとカウンターショットを決めるなどで徐々に流れを掴み第10ゲームでブレークに成功、セットカウント1−1に追いつく。ファイナルセットは錦織に握られた6度のブレークポイントをしのぐと、第12ゲームではミスを誘い出してブレークし、2時間10分で勝利した。男子テニス協会のATPには「テニス人生で最大の成功。圭は本当に素晴らしい選手。彼は最初のセットでいいプレーをしていた。自分は戦い続け、ブレークチャンスでは有利に進められた。終始攻撃的なプレーに努めた。それが鍵だった」とバッヒンガーのコメントが掲載されている。「コートの状態などは自分のプレーに適している。ボールがそこまで高く弾まないから。それは大会の序盤から感じていた。それでも決勝まで勝ち進めるとは思っていなかった。とてもうれしい」ツアー初優勝をかけて、決勝では世界ランク39位のと対戦する。元世界ランク6位のシモンは準決勝でをストレートで下しての勝ち上がり。「東レ パン パシフィック オープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!錦織圭出場の「モゼール・オープン」も連日配信中!【放送予定】9月17日(月・祝)〜9月23日(日・祝)[第1日無料放送]
■関連ニュース
<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201809/121160.html 硬式用テニスラケット 18PRO STAFF 97CV WRT741820

「ずっと休む暇がなかった」 準Vの大坂なおみ記者会見

 23日にあった女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン決勝でカロリナ・プリスコバ(チェコ)に敗れ、準優勝した大坂なおみ日清食品)が記者会見した。主な一問一答は次の通り。  ――試合を振り返って。  「今日は本当にプリスコバ選手がいい試合をした。サーブも本当によかった。私自身のミスも多かった」  ――ミスが多かった原因はどこにあるか。  「いまそれを自分で言えていたら、試合の中でも修正できていたのかもしれない。とても疲れを感じているので、本来ならばもう少し深く体を曲げて打ち返すところで、それができていなかったのだと思う」  ――厳しい日程の中、決勝まで進んだ。  「ずっと休む暇がなかったので、とても疲れを感じている。全米オープン、この大会で非常によい試合が続けられた。とても誇りに思える1週間だった」  ――残りのシーズンの目標は何… <引用元>http://www.asahi.com/articles/ASL9R45CXL9RUTQP01M.html