読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

猛抗議 主審へ大ブーイング

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、2回戦でを破った世界ランク29位のは第16シードのに3-6,

3-6のストレートで敗れ、初のベスト8進出とはならなかった。この日、フォニューニは第1セットを落とし、第2セットも第1ゲームでブレークを許した。続く第2ゲーム、ズベレフのサービスの判定をオーバーコールでインにした主審に対し、フォニュイーニは激しく抗議。その後、判定が覆らなかったことに不満を爆発させて主審に詰め寄り、会場からは地元のフォニュイーニを後押しする大ブーイングが起きた。それ以降は20歳のズベレフと激しい打ち合いを見せたフォニュイーニだったが、1時間18分で力尽きた。勝利したズベレフは、準々決勝で第5シードのと対戦する。ラオニッチは3回戦で第12シードのをストレートで下しての勝ち上がり。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114499.html