読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

錦織棄権にジョコがエール

男子テニスで世界ランク2位のは13日に自身の公式ツイッターを更新し、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)準々決勝を右手首の負傷により棄権したに「早い回復とローマで会えることを祈っている」とエールを送った。3月末のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で右手首を負傷した錦織は、約1カ月半ぶりの実戦となったムチュア・マドリッド・オープンでタフな組み合わせから5年連続のベスト8進出を果たした。しかし、ジョコビッチとの準々決勝は痛みが再発して無念の棄権となった。ディフェンディングチャンピオンジョコビッチは「(棄権の)決断は簡単ではなかっただろうけれど、健康が優先」と錦織を気遣った。ここ数カ月、不振のジョコビッチは、今大会の開幕直前にチーム解散を発表。初戦から苦戦するも2年連続のベスト4進出を果たし、準決勝では第4シードのと対戦する。両者は今回が通算50度目の対戦で、ジョコビッチの26勝23敗。ジョコビッチナダルに敗れたのは2014年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)決勝が最後で、現在7連勝中。ジョコビッチナダルの準決勝は、日本時間13日の23時(現地13日の16時)以降に開始予定。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114411.html