読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

マレー破った世界59位敗退

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は12日、シングルス準々決勝が行われ、3回戦で第1シードのを破る金星をあげた世界ランク59位のは第8シードのに1-6,

4-6のストレートで敗れ、マスターズ初のベスト4進出とはならなかった。この日、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が81パーセントのティエムから1度もブレークを奪えなかったチョリッチは1時間19分で力尽きた。今年のハッサン2世グランプリ(モロッコ/マラケシュ、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾ったチョリッチは、今大会の予選で敗退。しかし、欠場者によりラッキールーザーで本戦入りし、、予選勝者の、そして世界ランク1位のマレーを下して8強へ進出していた。一方、大会初のベスト4進出を果たしたティエムは、準決勝でノーシードのと対戦する。クエバスは準々決勝でを3-6,

6-0, 6-4の逆転で破っての勝ち上がり。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114408.html