読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

ナダル戦で大ブーイング

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は10日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク29位のは第4シードのに6-7

(3-7), 6-3, 4-6のフルセットで敗れ、惜しくも3回戦進出とはならなかった。この日、キレのあるストロークを武器に今季好調のナダルからリードを奪ったフォニュイーニは、第1セットの第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、ブレークバックを許すとナダルの反撃を受け、タイブレークへ突入。その後、地元のナダルに対し、完全アウェーのフォニュイーニはミスをした際にラケットを地面に叩きつけると観客から大ブーイングを受けた。第2セットは1ブレークに成功してセットカウント1−1に追いついたが、ムチュア・マドリッド・オープンで唯一2連覇しているナダルにファイナルセットで2度ブレークされて、2時間57分で惜敗した。勝利したナダルは、3回戦で第16シードのと対戦する。キリオスは2回戦でをストレートで下しての勝ち上がり。その他のシード勢では第2シードの、第5シードの、第6シードのらが3回戦へ進出したが、第3シードのと第7シードのは初戦の2回戦で敗退した。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114377.html