読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

敵地で試合観戦しブーイング

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は8日、地元スペインのプロサッカーチーム、FCバルセロナジェラール・ピケが世界ランク30位のと予選勝者ののシングルス1回戦を観戦した。ピケはFCバルセロナディフェンダーとして活躍しており、ライバルチームのレアル・マドリードを激しく敵対視していることで知られている。ピッチ外でもレアルマドリードについて批判的な発言をするなどで、世間を騒がせることも少なくない。この日ピケは、レアル・マドリードのホームであるマドリッドの地でテニスを観戦。試合中、コートサイドのスクリーンにピケの姿が映し出されると、マドリッドのテニスファンで賑わう会場はブーイングに包まれた。試合は、フェレールが2-6,

7-6 (7-1), 6-4の逆転で勝利し、13年連続で2回戦進出を果たした。35歳のフェレールは、今回の勝利で2000年にプロ転向を果たしてから通算700勝に王手をかけた。2回戦では第10シードのと対戦する。フェレールは、ムチュア・マドリッド・オープンに今年で15年連続の出場。2010・2014年にはベスト4進出を果たした。今大会は、順当に勝ち進むと3回戦で第6シードのと対戦する組み合わせ。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114354.html