読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

46歳の伊達 怪我乗り越え復帰

女子テニスで現在46歳のは、2日から本戦開幕のカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)で左膝の手術から約1年3カ月ぶりに公式戦へ復帰を果たす。元世界ランク4位の伊達は、2016年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後、自身のブログで左膝半月板の内視鏡手術を受けることを発表。「今すぐに引退も考えました。でも結論は、まだやり残したという想いの中でピリオドは打ちません」と手術に至った経緯を綴り、術後はツアー復帰へ向けてリハビリと練習を重ねていた。今年の4月には、愛媛県松山市にて開催されたエキシビションマッチ「伊予銀行

CHALLENGE MATCH」に登場。手術後、実戦形式で初の試合を披露する伊達を見ようと、ファン約1,000人、マスコミ20社以上が会場へ駆けつけた。1日には本戦のドロー表が発表され、伊達は1回戦で第3シードのと対戦することが決まった。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114258.html