読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

ナダルV2 全仏OPへ弾み

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は30日、シングルス決勝が行われ、第3シードのが第4シードのに6-4,

6-1のストレートで勝利して2連覇と10度目の優勝を果たし、28日からの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)へ弾みをつけた。決勝戦、序盤は両者一進一退の攻防が続くも、クレーの戦い方を知り尽くすナダルが第10ゲームでティエムのサービスゲームをブレークし、第1セットを先取。第2セットに入ると完全に主導権を握ったナダルは1度もブレークチャンスを与えない試合運びで23歳のティエムを圧倒。1時間30分で前週のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、

ATP1000)に続き今季2勝目、キャリア通算71勝目をあげた。28日に開幕する全仏オープンで優勝を狙うナダル。これまでは2005-2008年の4連覇、2010-2014年の5連覇、計9度も頂点に立っており、今年は前人未到10度目の優勝を狙う。今後はムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)、BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)に出場し、全仏オープンへ向け最終調整に入る。一方、完敗したティエムは、第1セットで互角の戦いを見せたが、今季好調のナダルに第2セットは圧倒された。準決勝では第1シードの王者を破って決勝へ進出していた。また、今大会は日本勢でラッキールーザーのが大活躍し、話題となった。日本の侍は元世界ランク5位の、第9シードの、第7シードのの実力者を次々と破る快進撃を見せた。昨年準優勝を飾ったは第2シードで出場予定だったが、右手首の負傷により欠場を余儀なくされた。<hr>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201705/114246.html