読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニテニ配信

テニスの試合情報などを配信していきます。

マレーに続きチリッチ撃破

男子テニスのモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は21日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク24位で第15シードのが同8位で第5シードのを6-2,

6-7 (5-7), 6-2のフルセットで破り、マスターズ初のベスト4進出を果たした。ラモス=ヴィノラスは、第1セットではブレークチャンスを与えずに2度のブレークで先取するも、第2セットはタイブレークの末に落としてセットカウント1−1に。その後、ファイナルセットでは再び流れを掴んだラモス=ヴィノラスが3度のブレークに成功し、2時間32分の激戦を制した。ラモス=ヴィノラスは、今回の勝利によりチリッチとの対戦成績を2勝4敗とし、2011年の上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)1回戦で勝利して以来、約6年ぶりの勝利をあげた。準決勝では、第11シードのと第16シードののどちらかと対戦する。今大会、ラモス=ヴィノラスは1回戦で予選勝者の、2回戦で同じく予選勝者の、3回戦で第1シードのを破る快進撃で準々決勝へ駒を進めていた。今大会は、第7シードのと第8シードのが初戦敗退、第1シードのマレーと第3シードの、第6シードのが3回戦で姿を消す番狂わせが起きている。同日には、第2シードのと第4シードのが準々決勝を戦う。<hr><span

style="background:#CCCCCC; color:#000;"><strong>■関連ニュース■

</strong></span>

<引用元>http://news.tennis365.net/news/today/201704/114113.html